紛らわしさのおかげで出会えた、チャイナタウンのおばさま

ベトナム・ホーチミン絵日記と言いつつ、出会ったおばさま(日本人)の話に終始した前回の旅日記

小柄なベトナム女性が脱水機でぎゅーぎゅー絞る鬼気迫る姿が恐ろしくて、敬遠していたサトウキビジュース

そのおいしさを教えてくれたおばさまには感謝している。

おばさまにもう一つ感謝したいのは、ホーチミンが意外に都会で、あまり面白みを感じていなかった私たちに「チャイナタウンに行くといいわよ」と勧めてくれたことだ。

タイトル読んで「またおばさまかよっ!」と突っ込んだあなた、今日のは一味違う。今日の絵日記は、チャイナタウンの話。割とベトナム色多めだし、おばさまは日本人ではない

以下、2012年に描いたイラスト&写真日記。
(いつもの写真撮影の宮田雄平 本日8/1よりnote開始♡)

チャイナタウンの市場へ

ホーチミン4日目はバスに乗ってチャイナタウン(チョロン地区)へ。バスの乗り方もお金の払い方もさっぱりわからんかったけど、どうにかなるものだ。最初はビンタイ市場へ。

天井まで届くカラフルな物体の正体はサンダル。つくづく感じたのは、人がモノを選ぶには適量があるってこと。こんなに大量あると選べん!!


屋外の市。
この雑多な感じ。これよ!これなのよ!
この感じを求めていたのよ!!

箱積み過ぎ!バイク走るんか?

どんだけカゴしょってんねん!!カゴだけじゃなくてヒョウタン?!
(この写真だけ私の撮影。)


ものすっごく暑い。炎天下で生の魚売ってる。ギョギョギョ。

大丈夫か?と思うけど、実はものすごく新鮮。動画も撮ったんだけど、左下のパーカの人が選んでる魚なんて、ぴくぴく動いてるのだ。てか、まだ生きてるし。

それにしても、あぢぃ~~~~~。

ああ、生き返るぅ。


謎の「天后宮」での中国人のおばさま

市場のあとは「天后宮(ティエンハウ廟)」という寺院に向かう。
それらしき名前の寺院を見つけて「おーここやここや」と入ると、ん?なんか違う?突如行くことになったので、イマイチ情報が不明瞭なんだけど、仏様が何だかものすごく派手で、イメージと違うような。。。

熱心に(というか、むしろ鬼気迫る感じ)お祈りする人の姿があり、地元の人に愛されてる寺院なんだなぁ。日本のお寺は地味だけど、中国の寺院はこんなものなのかな、とぼんやり納得する。帰ろうとすると、門の近くに居た女性に呼び止められた。

ベトナム人とは違って、私たちに近い東アジアの顔をしておられる。チャイナタウンなんだから当たり前か。

ハッと気づくと、リュックのファスナーが半分開いていた。ベトナムの治安が良いので、すっかり油断していたのだ。

思わず「ありがとう」と言うと「あなたたちは日本人?」と聞かれた。
少し身構えつつ「はい」と答えると

「私は中国人よ。日本と中国はお隣同士。困ったときは助け合わないと」

思いがけない言葉に驚いた。中国の人でも、こんな風に日本をまるで「同朋」みたいに感じてくれている人もいるのだなぁ、と感激した。

手招きする怪しいおじさん

さすが「天后宮」だねぇ、とすっかり気をよくして歩いていると、またもや立派な門が現れた。「これも由緒ある寺院なのかしらん?」とぼんやり見ていると、門の前にいかにも怪しげなおじさん。手招きしている。

「どーする?」「怪しすぎるよね」
速攻で逃げようとすると、なんとおじさん、追いかけてきた。

「ま、いーからいーから」と言う感じで連れて行かれたその先には。。。

なんとそこが

本物の「天后宮」だったのだ!!

ちょうど雨が降ってきて、しばらくその場に足止めになった。私たちの行った日は観光客も少なく、静かで厳かで本当に素晴らしい寺院だった。

螺旋線香を吊るす様子も圧巻。

私もお願い事を螺旋線香に付けて、吊るしてもらった。火をつけて天井に吊るすと、大きいものは1ヶ月近く燃え続けるのだとか。

いい経験ができてよかったけど、謎だったのはさっきの寺院。

2つの寺院の謎

「媽祖天后廟」

媽祖(まそ)は、航海・漁業の守護神(道教の女神)。ベトナムでは媽祖はThiên Hậu(天后、ティエンハウ)の名で親しまれている。
なるほど、媽祖=天后なのだね。紛らわしいよっ

しかしこの「媽祖天后廟」も、地元の人に信仰されている由緒正しい寺院。決して怪しいお寺ではない。なので、両方観光するのがいいかも。
私たちのように、間違えて本物の「天后宮」を通り過ぎないように!

おじさん、グッジョブ!

ベトナムカッパ初体験

雨が止んだので、サータイ市場へ行き、チョロン散策はこれでオシマイ。バス停までたどり着く途中にまた雨が降り出し、昨日買った「バイク用」のカッパをガサゴソ着込む。

フードにはつばも付いてるし、バイクをそのまま運転できるように工夫されたカッパ。素晴らしい!日本に帰ったら、これ着て自転車乗るぞ!と着る気満々で帰ったものの。。。

海外って何でこう気が大きくなるんだろう?
海外で最高!と思って買った服が派手すぎて日本では大概着られないように、このカッパも帰国後一度も日の目を見ていない。。。


なんだか、あんまりベトナムを褒めていない気がするが、ベトナムを嫌いなわけではない。むしろ好きだ。

できれば次回はぜひハノイに足を延ばしたいと考えているほどだ。
カブは嫌だけどね!(「水曜どうでしょう」ファンにだけ通じる話)

(写真撮影:宮田雄平)→本日8/1よりnote開始♡

つづき


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。頂いたご支援は、作家活動を続けるため大切に使わせていただきます。

ウレシイです♡
32

陽菜ひよ子 / イラストレーター&漫画家&文筆家

著書『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所)。イラストのお仕事は、NHK・Eテレ『すイエんサー』、書籍『おいし なつかし なごやのおはなし』(戸田恵子著、ぴあ)など多数。現在2冊目の本の執筆中。ひよことプリンとネコが好き。 http://www.hiyoko.tv/

コメント2件

ごー!よん!さん!にー!いち!GO!ガシャーン!ww
つきねこさま ウィリーですね(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。