緋呂

異界絵師 緋呂(ひろ) 描けるモノには何にでも。「モノを作れる種族の生を謳歌」しております。墨と陶芸は特に好き。 本名:川口寛子。愛知の自宅と福井県 活動案内ページ→https://peraichi.com/landing_pages/view/hiro379
固定されたノート

「はじめに物語ありき」

はじめまして。 すでに知ってくださっていたあなた。 改めまして。 絵描きです。 龍とか神とか、描いています。 緋呂(ひろ)と申します。 漢字変換できないので、ひらが...

0

いざ、試作第一号へ!

用意したもの ●ガラス用上絵具9色 ●背景用素焼きタイル ●透明ガラス 背景用の素焼きタイル。 これを販売しているショップを知っていました。 私の窯に入るサイズであ...

0

描くモノの適材適所~アイデアの湧き出しさえ左右される

世界観をととのえるため、作品上に描くか否かに関係なく、物語を動かすキャラクターを固める行程。 そのとりかかりの時、今まで他のことをメモしていたのと同じシャープペ...

0

四神をガラスに描く

タイル20枚、ガラス40枚を仕入れました。 ひとまず、ガラスは二層で、タイルと合計三層の仕様で制作してみることにします。 ガラスを層にして、最下層には背景画として陶...

0

世界を動かしていく“いのち”たちのスケッチ

作品上には、もしかしたら、登場することはないかもしれない。 描かれることがあるのか、ないのか、わからない。 たとえ「作品」上に登場することがなかったとしても。 物...

0

陶器絵付けの新試作は、ガラス

陶器の絵付け、まだまだ全然成功確率も低く、自分で思うようなクオリティにもなかなか達しないのですが。 だからこそ…とでもいいますか。 素地を、陶器でも磁器でもなく...

0