Sayaka

勉強代わりに自分の見たものをまとめます。都の西北から旅立ちました...。感情を学びに変えて昇華する場所として。

沖縄で見てきた基地問題(編集中)

この写真は米軍の保養所であるOkuma Beachから撮ったもの。
「米軍は良いところを見つけるのが上手い」といったことを言う人もいた。
沖縄の土地だった場所が、沖縄のものではないんだなと思った。
ゲートをくぐるとそこは日本ではなくて、アメリカ。

かつて沖縄だった場所に、今は"許可されないと入れない"

ビーチでは米軍の人とその家族がバカンスを楽しんでいた。

5000日以上も座って、ずっと闘い

もっとみる

フェミニズム的哲学 ひとりごと

今日友人と飲んで話す中で

‪いじめを受けた時と性的なからかいを受けた時の感情の反応の違いはどこから来るのか‬
‪なぜ性的なからかいを受けたことは話すことが難しいのか(自分で認めることが難しいのか)‬
‪という自らの問いに対して

‪自分ではどうにもならない属性記号として客体化されることで、逃げ場がないから。最初から個としての自分を無視された上での攻撃のため、個として対抗することができない

もっとみる

「あなたが被害者だったらどうする?」と言って犯人を断罪するだけの人こそ、被害者のことを考えていない

「あなたが被害者だったら、そんな言葉言えますか?」
「他人を巻き込まないで一人で死ね」
「「事件の背景」を考えるなんて綺麗事」
「社会じゃなくて加害者が悪いに決まってる。なぜ加害者のために考えなきゃいけないんだ」

一見被害者を思うようなこの言葉。

でも、

ほんとに目的はなんだろう?

発する言葉にいちいち目的なんか持つ人はそうそういない
だけれど、発される言葉の背景には価値観がある

犯人を

もっとみる

新入社員日記 4月26日

私の配属された部内に口調がきつめの女性がいる。
「新人鍛えてやる」的な雰囲気で、第一印象はすごく怖くて、「どうしよう、虐められるかも」ってびくびくしてたのだけど、

いつも「順調?」とか「何やってるの?」と怖い口調ではあるけど気にかけてくれる。

「資料作ってます!」と答えた時の反応も「ふーん...」って感じ。でも実は一番優しい人なのだと思う

3日目には「これあげる」とお菓子をくれて、
4日目

もっとみる

会社員1年目

社会人という言葉に疑問を持つ

社会人に別にそんな排除の意味なんて入っていない。いちいち批判して、とそう思うかもしれないけれど、やっぱり社会人は嫌いだ。

働いている人は何にもえらくない。働いている人が社会に貢献しているわけじゃない。

みんなえらくなくて、みんな生きているだけで貢献している

それなのにこの社会人という言葉が、確実に存在している人たちの存在をないものにしているような言葉に思えるか

もっとみる

上野千鶴子の祝辞とそれへの反応を見て

※雑な感想なので、追記をしていきます

上野千鶴子の祝辞に対し、反発する人に本質は伝わらなかったのだろうと思う

反発する人たちは、本当に限界まで努力した経験がないから、「努力すればどうにでもなる」と思っているのだろう
努力について一度悩んだことのある人であれば、本質を捉えられたのではないかと思う

これから大学で学ぶことのできる時間の自由も"与えられたもの"で、それをいかに自分で"獲得したもの"

もっとみる