たなべやすのり

広告代理店営業→コピーライター→クリエーティブ・ディレクター→プロデューサー→広告会社経営 趣味は旅行、写真、温泉、クルマ、家族の笑顔をつくること。広告はもっと社会の役に立てるはず、それを手かせ足かせ、重荷として社会に参加しています。https://sunnys.it/

アーティスト・プロデュース・プラットホーム Techne Workを立ち上げました。

コンセプトはアーティスト、芸術家が表現するプリンシプルを応援すること。テクネワークはアーティストが創作活動をつづけていけるようアーティストと社会のコミュニケーションをデザインするプラットフォームです。

それは、

野に咲く花に一筋の光をあてよう。

ということではなく、アーティスト、芸術家として、作品の価値は周りが決めること。

けれど。

人生の価値は自分の石が宝石であれ砂利であれ、磨き続ける

もっとみる

悪気はあったほうがよい

「ゴメン、悪気はなかったんだよ。」っていうやつ。
「そのほうがいいと思って。」っていう。

ずっと、この言葉に違和感を持っていて、自分自身もよかれと思ってしてしまったことが、逆に相手の気分を害してしまい、こう言って詫びたことがあります。

でも、悪気がないってことは別に良いってことじゃなくて、その相手の風景が見えてないってことに起因するのじゃないかと。だからされた自分からしてみれば「悪気」はあった

もっとみる

Hasselblad 500CM Planar 80mm F2.8 T*

今まで一度だけハッセルで撮ってもらったことがある。

このカメラで撮ると、レンズの向こう側にいる人が自然に笑うのだ。
いままではなんでだろう?って思っていたんだけど、撮られてみて初めてわかった。

「しゅぼっ」っていう独特のレリーズの音がとても気持ちいいのだ。

このカメラ、ブローニーと言われているサイズのフィルムを使う。
サイズは60mmx60mmの正方形。
ファインダーというかフォーカシングス

もっとみる

定石と感性

ヒカルの碁っていうコミックがある。

平安時代の天才囲碁棋士が現代の小学生に取り憑いて、
やがてその少年が囲碁に目覚め、神の一手を目指すという物語。

この天才囲碁棋士の霊は江戸時代に本因坊秀策に取り憑いていて、
本因坊秀策の活躍はこの霊の仕業という設定になっている。

最初、霊に取り憑かれた少年は霊の言うがままに囲碁を打っていくが、
これが現代では(やや旧いと言われているが)定石となっている手。

もっとみる

うつ病からの帰還。

ウツになりそうな人、なりかけている人、真っ只中の人、回復の兆しが見えてきた人へ。

・頭痛、ダルさなどの不調は体が発する休めという信号と理解する。

頭痛薬やビタミン剤、滋養強壮系のドリンクなどはなるべく飲まない。ウツには効果なかった。可能な限りいまのストレスを感じている環境から逃げる。

・社会のシステムを使う。
 
傷病手当金や自立支援などの仕組みはかならず使う。とにかく医療費がかかる。寝てい

もっとみる

桜ってなんで思うように撮れないんだろう。

桜花爛漫ですね。街を歩いているとあちこちに咲く桜。

写真を撮ることを趣味にしてすでに十四五年が経ちました。もちろん桜もたくさん撮ったさ。しかし、これがまた、見たように、感じたように撮れないのだ。なぜだろう、なぜかしら。撮ったときは確かな手応えを感じていても、家に帰って見てみるとがっくし。いろいろやってみました。寄り、引き、斜俯瞰、朝、昼、夜、雨など。桜を探してあちこち行ったこともあります。けれど

もっとみる