見出し画像

バカにされるのが怖いから。

以下はある日の私の日記

私な、勉強がわからないことが怖いねん。怖いって言えないんよな。これは高校生までの話やけど。今は法律の勉強楽しいで。

小学校に入ってすぐ、算数について泣きながら宿題させられてた。ママは勉強にすごい干渉してきた。まあママが気が向いたときの話やけど。

夜12時ぐらいまで、ママとかに教えてもらうんやけど、最初のほうはいいねん。ただ私が理解しなかったら、だんだんママの機嫌が悪くなる。

「何回も説明したやろ」「なんでわからんのん」「ちゃんと授業聞いとったん?」

怖くてたまらんかった。ママの機嫌を損ねることが。自分がダメな人間やっていうのが

どんなに考えてもわからなくて、過程とかどうでもいいから、早く答えないとっていうので頭がいっぱいやった。

当てずっぽうで答えた
全部教えてもらったことはわかったフリをした

ママの機嫌を損ねないための勉強はほんまに辛かった。

言葉で「なんでこれがわからんのん」って何度も言われて、叩かれて、つねられて。

「わかりません」って自分の口から出るたびに、死にたくなった

なんでこんなにバカで愚かな人間なんだろう私はって。

そういえば勉強以外でも普段から、家族は私のことをバカにした

「そんなこともわからんのん?」って言われるのが、たまらなく最低な気分にさせた

ああ、自分は無知なんだ何にもわからない愚かで低能な出来損ないなんだって思う

最初にDVをしてきた人、個別教室の先生だったんやけど、その人も問題が解けなかったら殴って髪引っ張ったりしてくる人やった

でも勉強せな、理解せなと思って「わかりません」って言った。そのときも死にたくなった。先生は数式を書きなぐって、ほらっていうだけ。

わかりません=自分はこんなこともわからない愚かな人間ですって言ってるみたいで

今でも、自分がミスをするとそのときと同じ気持ちになる。


わからないのは当たり前や。それを知ってるからって偉い人間だったり、知らないからってポンコツなわけじゃない。

その知識を得たり、技術を得る機会がその人より少なかっただけ。

私自身は何も変わらない。優しくて頭が良くて、素敵なままやで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると、これからも頑張って生きていけます。

明日も頑張れそうです
7

らぶ

解離性人格障害のママが支配する家で育ちました。 18歳のときに児相の保護されました。現在は、毒親たちと連絡を断って、精神的、経済的に自立できてます。東京で大学生やってます。 Twitter→https://twitter.com/look_at_note?s=09
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。