「明眸皓歯」を考える

めいぼうこうし
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
美女のこと。
「明眸」は美しく透き通った瞳のこと。
「皓歯」はきれいに並んだ白い歯という意味。
楊貴妃の美しさをたたえた言葉。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「明」 ①はっきり見える。あかるく光る。あかるい。
    ②はっきり。疑いのない。

「眸」 ひとみ

「皓」 白く汚れなく輝いている。白。

「歯」 動物の口の中にあって、物をかみくだく用をなす骨質のもの。は。


「明眸」 澄んだ美しいひとみ。美人のたとえ。


「皓歯」 白く美しい歯。



「明眸皓歯」
澄んだ美しいひとみ、と、
白く美しい歯。



瞳が
明るく、美しく、透き通っている。


歯が
白く、美しい。



美人である
2つの要素
 

瞳と歯が美しければ
美人となる。




「眸」と「皓」

このよう漢字は

あまり見かけることがない

使うこともないような
漢字に出会うと

新鮮に感じます。


美女と言える

条件として
この四字熟語

「明眸皓歯」


覚えておきたいと

思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

四字熟語を考える―3

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。