夢から醒めた夢女の話

夢女、というのは二次元の男性を好きな女性オタクのことを指します。
詳しくない人向けに言うと、「初音ミクと結婚したい」と似たような感情を持ったオタクだと思ってもらえれば大丈夫です。
(詳しい人は目を瞑ってください。ここは今回の主題ではないので)

私は、今まで恋人がいたことがありません。
恋愛感情を抱いたことがあるのは、二次元の男性に対してのみです。
だから、三次元の男性は好きになれないんじゃないか

もっとみる

夏も僕も、はずれ者同士

去年の今頃は、夏の暑さのなかで仕事に勉強に忙しかったと覚えがある。
でも、今は秋の夜のような気温と匂いがする。

まるで「夏が仲間外れ」にあっているような。

僕と一緒だね。

世界から外れた場所で歩くことって

人生の余暇とか、世俗から自分を切り離して見詰め直す。
そんなポジティブな意味もあるけれど

失敗を重ねたり、うまくいかないことが続いたり
周りのように円滑に動かせなかったり、長いものに順

もっとみる
ありがとうございます。よろしければシェアしてもらえたら(@_@;)
6

寿命について

最近、我が家の相方さんがこんなことを言った。

「3万日目をスマホのカレンダーに記録した」と。
そこには「寿命」と書いてあった。

単純な計算なのだけど、人は3万日生きると仮定して、そこまでは全力で生きると決めたらしい。
そうするとあと〇日がはっきりするからって。

3万日を365日で割ると82歳になる。
あとおよそ15000日。
意外と少ないと思った。
惰性で過ごしても真剣に過ごしても1日。

もっとみる

ドンドン失敗しよう!!!!!

人は失敗を恐れます。

もちろん失敗は怖いものです。

しかし人生には失敗はつきものです。

小さな事から大きなことまでたくさんの失敗をします。

その後成長していくわけです。

人生の超初期の小さな失敗で言うと、

幼い子供のころでいうと公園でこける、とかです。

親に走ったら危ないよ!って言われるけど

走っていきます。

そしてこけます。それが失敗です。

大人になればあまりこける事ってない

もっとみる

旅行に行って何をしたいのか

みなさんこんばんは。
Takuです。

今まで話したことがなかったのですが、私は大学卒業後入った会社で月の休みが3日~4日、ひどいときは1日しかありませんでした。

3年半働いて、最後の1年などは365日のうち350日以上は働いていたと思います。

そんな私は自由な人生をとてもうらやましく思え、旅行に行きたいとばっか思っていました。

そんな私が最近考えていることがあります。それは目的の本当の意味

もっとみる

人生について、ぼんやり考えた【ゆるやかに生きたい】そのためには?

僕のミッションは、居心地よく育ち合える場をつくること、と決めたけど、これは仕事(学童保育)の話。

自分の人生について、お風呂でぼんやり考えた。

浮かんできた事は、ゆるやかに生きたい、という事。

書いてみると、何だかおじいちゃんのようである。

ゆるやかに生きたい、というのは、無理せず生きたい、という事。

余裕をもって生きたい、という事。

何に余裕をもちたいのかと言うと…心。

心に余裕を

もっとみる

目の前の曇りが晴れる予感

今までみたいな記事を
書くことを辞めようと思います。

今までの記事はボクの経験してきたこと、
日常で感じたこと

そして、多くの人が悩んでいる
人間関係を少しでも楽にと想い
経験・仕事・気づきから

ボク自身が日常で意識し、
抱えていた負荷が
軽くなったものを記事にしてきました。

最初は上記のことを意識して
記事を書くことが出来ていましたが、
最近は、何かを否定するかのように
記事を書いている

もっとみる

伝わる文章を書くコツ~一文一意でスッキリさせよう

文章を分解しているので、サッと目を通すだけでは頭に入らないかも知れない。

我慢して読んでみて欲しい。

書き方

【例文】

・○○ハウスメーカーはブランド力もあり、値段と人気が高く、高品質とデザインが美しいハウスメーカーだ。

意外と頭の回転が速い方に多く見られる文章である。

悪くはないが、一文に意味がたくさん詰まっている。
二文にして、スッキリさせる方が読みやすいはずだ。

【参考回答例】

もっとみる

万福

広い展示ロビーで、長い壁面に描いた絵画。
 君は、心を奪われてうっとりと見るように、
  その「まんぷく」の壁画に見入っている。

 手元に小さくて、精巧なスマホの中で、
  色々訪れたところ写真は、毎マンプクの記録だ。

 壮麗、立派で美美しい谷間、様々な生きの緑が周りに森羅している。
 その静やかで生きている画像にいる君が、心もマンプクになった。

 君と一緒に旅するクラッチバッグの中身で、

もっとみる