のろまな私は根気強い

昔から何をしても私は上達が遅い。

親から「お前はのろま。何をさせてもうまくできひん」と蔑むように言われ、周りのみんなと同じような速度で、みんなができることを何でもできないとアカンと無意識に思っていた。

子供の頃から身長は他の子より大きかったけども、言葉を話すのも、自転車に乗るのも周りに比べると遅かった。

中学はバスケ部に入ったけど練習してもなかなか上達せずに、うまくなる前に練習に力を抜いてし

もっとみる

他人に嫌われる覚悟。

私の周りに100人の人間がいて、基本的にその人たちと蜜に接する機会があるとします。

その全員の誰からも嫌われずに過ごしていくにはどうしたら良いでしょうか。

・悪口を言わない
・陰口を言わない
・文句を言わない
・楽しい話をする
・良い人でいる

なんて感じでしょうか?

ま、この辺は良いですが、「ゴリさん」っていう人格がゴリさんであることにおいて、100人全員に不快感を与えず、全員に好かれる状

もっとみる
ありがとうございます。読んでくださる方がいるのは嬉しいです。
2

見ず知らずの人から優しくしてもらえる魔法のアイテム

網膜剥離にかかって、1ヶ月ほど眼帯をする生活をしたことがある。たくさんの人に優しい声をかけてもらえたが、最も印象的だったのは、道ゆく人やほぼしゃべったことがない人さえも優しくしてくれたことだ。

特に眼帯&赤ちゃん抱っこの組み合わせの時は、VIPなみに最高のもてなしを受けた。瞬時に席が用意され、偉いわねとなぜか褒められ、別れ際には励まされ、見送りまでしてもらえた。子どもの頃はこんなにチヤホヤされて

もっとみる

情報に振り回されていませんか?

おはようございます、最近はあらゆる情報がそれこそ簡単に手に入るようになりました。
そして、それはある意味人から考えると言う力を奪っているように感じています。
スマホを片手に検索すれば・・・それこそ情報が得られる時代です。

それこそ、スマホで検索すれば答えが得られる、その答えが正しいか否かなんて考えません。
そこに答えがある、だからそれが正しいです・・・。
みたいな。

なんか、言ったもの勝ちみた

もっとみる

バランスを取ろうとしてしまうね

バランスを取ろうとしてしまうね。

いつだって、あっちにもこっちにもいい顔して、
いつかその責任をとる日が来るとも知らずに。
仕事が終われば他人同士、人生が終われば他人同士なのに、
嫌われることを恐れてしまう。

結局誰の味方でもないから、誰も味方にならない。
一歩踏み出す勇気もないのに、誰かが来るのを待っている。

自分の人生を生きたいと思う。
でもそれは、誰かを傷つけることではない。
すると途

もっとみる

それでも大丈夫

サロンに来てくださる女性に癒しと美しさを届けたいと思って始めたものの、実際のところは私の方がとてもとても助けていただいているなぁと実感します。

「え?もしや自分のためにやってたの?」
過去の私が、今の私にタネあかししているようです。

自分とは違う世界で生きている方々が、日常のいろいろなお話を聞かせてくださり、まるでたくさんの世界を経験させてもらっている感じです。

ひとりとして平坦な人生はなく

もっとみる

彼について

私にはかれこれ友達期間も含めると5年以上の付き合いがある彼氏(お互いの間ではライフパートナー)がいます。

彼との馴れ初めはまた後日書くとして
(前の恋愛も絡んで来るのでかなり前から書かないと繋がらないためw)

簡単に彼の紹介をします。

彼=🐭
ねずみ年(私より10歳年上)ですぐ忘れるほど脳ミソ容量小さめ 愚直
音大卒 サイバーアートクリエイターとして生きていく決心をする
幼い頃から音楽

もっとみる

移動時間を効率的に過ごすための「急がばまわれ」

僕は移動時間をそれほど苦だと感じない(ただし移動距離に比例してお金がかかるのはつらい)。

移動時間に読書をすることもできるし、文章を書くこともできる。事実この文章も、池袋ゆきの丸ノ内線の車内で書いている。

しかも移動中の読書や執筆は、異常に捗る。ほどよい音量で耳に入る乗客の話し声や、列車のブレーキがかかる音。風を切って勢いよく進む電車。集中力が切れたとき目に入る車窓の景色。それらは僕の作業にほ

もっとみる

旅行に行って何をしたいのか

みなさんこんばんは。
Takuです。

今まで話したことがなかったのですが、私は大学卒業後入った会社で月の休みが3日~4日、ひどいときは1日しかありませんでした。

3年半働いて、最後の1年などは365日のうち350日以上は働いていたと思います。

そんな私は自由な人生をとてもうらやましく思え、旅行に行きたいとばっか思っていました。

そんな私が最近考えていることがあります。それは目的の本当の意味

もっとみる

人生について、ぼんやり考えた【ゆるやかに生きたい】そのためには?

僕のミッションは、居心地よく育ち合える場をつくること、と決めたけど、これは仕事(学童保育)の話。

自分の人生について、お風呂でぼんやり考えた。

浮かんできた事は、ゆるやかに生きたい、という事。

書いてみると、何だかおじいちゃんのようである。

ゆるやかに生きたい、というのは、無理せず生きたい、という事。

余裕をもって生きたい、という事。

何に余裕をもちたいのかと言うと…心。

心に余裕を

もっとみる
感謝感謝です^^はげみになります!ありがとうございます!
13