ichikawa

「人を大切にする」経営理念を持ち、完全在宅ワークで働くお母さんの自立支援をミッションにIT企業を経営しています。

責任の輪を広げる

社内での会話です。
私がこう言いました。
「貧困をなくしたい」

もうひとりがこう言いました。
「努力していない人が貧困になるのは仕方がないのではないか?」
彼のこの言葉は、貧困の人が皆努力していないという意味ではありません。
働けるのに働かない人や、ギャンブル依存症の人など、彼らが貧困であるのは自業自得であり、彼らまで助ける必要はないのではないかという意味です。

その時、反論をしなかったのです

もっとみる

在宅お母さん採用のすゝめ (下)

(上)、(中)と読んで頂きまして、ありがとうございます。
(下)を書き始めてから2ヶ月が立ちました。(上)、(中)は理想論ばかり書いてしまったような気がします。この2ヶ月間、理想と現実の間で悩むことも多く、なかなか記事がまとまりませんでした。全てが理想通りに進んでいるわけではありません。それでも今の気持ちを正直にまとめました。

子どもの騒ぎ声、泣き声に不快感を抱く

オンラインミーティング中に子

もっとみる

在宅お母さん採用のすゝめ (中)

在宅お母さん採用のすゝめ (上)では、在宅お母さんを採用すると、モチベーションの高い人材が簡単に採用できるということ、働き方改革は形だけではなく、働き手のことを思いやる気持ちが大切だということを書かせて頂きました。
今回はより具体的な取り組みの話をしたいと思います。キーワードは「管理しない」です。

在宅ワークの導入に費用はほとんどかからない

在宅ワーク(テレワーク)を導入するための費用を助成す

もっとみる

在宅お母さん採用のすゝめ (上)

私が経営する会社では全ての従業員(約20名)が在宅ワーク(リモートワーク)を導入しています。そのうち9割が女性のスタッフで、ほとんどの方が子育て中のお母さんでもあります。
子育て中ですから、もちろんフルタイムでは働けず、時短で働いています。
私の会社では、この「在宅」と「時短」という2つの制度を活用し、10期目にして過去最高益となり、現在11期目も増収増益となるの見通しです。

今回私がnoteを

もっとみる