「反射神経」で生きてきたら起きたこと

ストレングスファインダーで「慎重さ」が上位にくるぼくが、最近は反射神経でいろんなことを決めている。

いろいろリスクとか考えて、メリットデメリット考えて、意味とか考えて、さて行動しようかという慎重さとは逆の行動をしてみたら、めちゃくちゃ人生が面白くなってきた。

遡ること半年前には、伊佐さんの #旅と写真と文章と というコミュニティにぴょこんと入ったとこくらいから反射神経ゾーンに入った。

4ヶ月くらい前には、勢いでのちさんマネージャーをやりたいと言い出して、マネージャーをはじめてみたり。

明後日はカメラわからないとツイートしていた吉玉サキさんに軽くリプを送ったのがきっかけで、吉玉さんとうすいよしきさんに、カメラを教えることになったり。

来週は、Twitterでたまたま見つけた漁業女子みうらさんにいきなり会いたいと言い、岩手に行くことを決めたり。

平成三年の会をやりたいとつぶやいたら反応してくれた長田くんと平成三年コミュニティ立ち上げることになったり。

#ぽん活 として、日本を感じる活動?をしている山越栞さんと、いけぽんと日本茶インストラクターなおぽんの合同で、ぽん活特別編のイベントに企画立てたり。(また告知するので見てね)

最近、反射的に飛びついたことで、わくわくすることを上げだしたらきりがなくなってしまったんだけど、今はっきりと言えるのは、反射神経で生きるの楽しい!!ということ。

「慎重さ」も大事だけど、面白いと思ったら飛びつく。そんな小学生みたいな生き方をずっとしていきたいよね。

今日はとっても楽しかったね。明日はもっと楽しくなるよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけると嬉しさで写真をいっぱいお見せする性格ですっ

ぼくも好きです!
8

池田こーき / ikepon

フォトグラファー。古性のち(@nocci_84)マネージャー。家族を自然体で写真に残すのが好きです。珈琲とバウムクーヘンがお好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。