色褪せないロンドンの記憶

最近、旅に出たくてたまらない。
行きたかった場所行きのチケットをしれっと手に入れてふわっと出かけて、あてどもなくのんびりしてみたい。

そんなに頻繁に旅に出るわけでもない。
これまでに訪れた場所が多いわけでもない。

でも、なぜかずっと好きだ。
考えてみようとして記憶に語りかけてみると、あの時がきっかけじゃない?って思い出すことがある。
もうだいぶ前のことになってしまったけど。

フランスに並々な

もっとみる

ブータン、知られざる牛王国

写真:つい車の進行を妨げてしまう牛

ブータンの道を車で走っていると、必ずある動物が進行を妨げる。車が目の前にきても彼らは微動だにしないし、のそのそとマイペースで自分の道を進む。首都から田舎まで、人がいるところには必ずいる彼ら。そう、それは牛だ。ブータン王国全人口を軽く超える頭数である。ブータンは牛王国でもあり、やはり世界でも指おりの「牛幸福度」が高いことでも有名だ。

写真:どこにいっても牛に出

もっとみる

ブータンの学び舎

写真:学校へ通う子どもたち。中央右側にある平屋の建物が校舎。

民族衣装を身にまとい、自然あふれる小道を歩きながら学校へと通う子どもたち。ブータンでは、文化と彼らのアイデンティティーを守るため民族衣装の着用が義務づけられている。男子はゴ、女子はキラという日本の着物のような格好で学校に通っている。

 今回はぼくがブータン滞在のなかで最も多くを過ごした「学校」について取り上げたいと思う。ブータン国民

もっとみる

ブータン、その多様な自然王国

写真:標高7314mの名峰ジョモラリと高山動物ブルーシープの群

ヒマラヤの麓にある九州くらいの大きさ、国土のほとんどが山間部で森に囲まれた国、それがブータン。GNH(国民総幸福)という心の豊かさを基準にした国づくりを政府は推し進めている。幸福量を増やす国づくりに必要な4つの柱があり、それが持続可能な社会経済開発、環境保護、伝統文化の振興、よい統治なんだそうだ。そのユニークな国づくりが話題となりブ

もっとみる

語学学校「シュプラッハカフェ」の1日のスケジュール【🇲🇹マルタ語学留学体験記 3/5】

このnoteでは、私が3週間通った語学学校「シュプラッハ ランゲージ プラス マルタ(以下、シュプラッハカフェ)」の1日のスケジュールと、英語学習の内容と感想について紹介します。めっちゃ長いので、語学留学に多少なり興味のある方に読んでいただくのがよさそうです……!😊

語学学校「シュプラッハカフェ」の外観。「リラックスした空間で、楽しみながら英語を学ぶ」が基本コンセプトの。学校の真ん中にはプール

もっとみる
毎日文章を、書くね。できれば歌を歌うように。ありがとうございます。
41

「旅するスカート」ついに完成しました…!【6/29試着&撮影会のご案内】

「旅するスカート」本格発売前に、2019年6月29日(土)に北鎌倉「ADDress」にて試着会&撮影会を実施します。詳細と、参加申し込み方法はnote下部に記載しています✈︎✈︎✈︎

世界を旅しながら、ずっと思っていました。

旅をするなら、風にふわっと揺れる、軽くて薄くて乾きやすく、それでいて色合いのきれいな、世界に溶ける洋服がいい。

ラオスで、タイで、オーストリアで、スウェーデンで。

もっとみる
毎日文章を、書くね。できれば歌を歌うように。ありがとうございます。
53