五百田達成

作家・心理カウンセラー。コミュニケーションやジェンダーについて書いてます。「話し方で損する人得する人」「察しない男 説明しない女」「不機嫌な長男・長女 無責任な末っ子たち」https://twitter.com/ebisucareer
固定されたノート

「ごひゃくだ」ではなく「いおた」と読みます。

こんにちは。

五百田 達成です。ごひゃくだたっせい?ではなく、いおた たつなりと読みます。本名です。

出版社で編集者、広告会社でプランナーを経て、2007年に独立しました。

独立後は、恋愛コラムニスト、日本一女心の分かる男、オトナ女子カウンセラー、キャリアカウンセラー、コミュニケーションの専門家など、いろいろ肩書きはあったのですが(自分で名乗ったもの、人からつけられたもの)、現在は、「作家・

もっとみる

「アベンジャーズ」と「半沢直樹」と「セックス・アンド・ザ・シティ」。あるいは、男はカタルシス・女はドラマ。

半沢直樹、来年4月に、リメイクするそうですね。

以前、ある雑誌から、「働く女性の恋と仕事を描いた映画・ドラマを紹介して欲しい」という依頼がありました。

そのとき、気づいたのが、女性の共感・支持を得ている物語には「複数主人公」が多いということ。

そのもっとも顕著な例にして、スタンダード中のスタンダードが、「セックス・アンド・ザ・シティ」です。

(余談ですが、妻の挙げるオールタイムベスト海外ド

もっとみる

「助けてよドラえもーん」。新刊とのび太君、あるいは通販番組の一コマ【言い返す技術】

新刊、「言い返す技術」が発売中です。

テーマは「ムカつく相手にスパッと言い返す」。

といっても、そんなにおっかないことばかり書いてあるわけではありません。

構成はこんな感じ。

1 身のまわりの困った人。でも、どうやって言い返しても、効かないし、こっちにはイライラがたまるし、でいいことなし。いったいどうすればいいの?ドラえもん!!

2 実は、その人はこんなことを考えてるんだよ。だから、こう

もっとみる

財布は平成に置いてきた。令和はウォレットレスで行く【財布をやめたらお金の意識が変わった】

先ごろ、かれこれ40年以上のつきあいになるものを、やめました。

財布です。

スイカつきのスマホと、スマホケースにクレジットカードだけを入れて、あとは紙幣を何枚か、じかにポケットに入れる。

小銭が出るような買い物は、なるべくしない(現金しか使えないお店には極力入らない。迷ったら、電子マネーが使えるほう)。

保険証とか、運転免許証とか、診察券とか、ポイントカードととか、そういうものは家に置いて

もっとみる

みんな「転生」したがり過ぎじゃない?

最初、「転生したらスライムだった件」というアニメのタイトルをなにかで見たときは、ふーん、なるほどねって感じだったんですよ。

そこから「転生したら島耕作だった」っていうスピンオフの話を聞いたり、とある小説投稿サイトを覗いたら、「異世界転生もの」っていうジャンルができあがっている、どころかもう、そればっかりだったりして、ほほぅ、と思ってたわけです。

そしたら最近、ついに、ですね、いつも利用する恵比

もっとみる

恋愛は死んだ。の先にあるもの。

大昔のブログ記事にリアクションがあったので、こちらにも転載しますね。2012年の記事。この7年で世の中はどう変わったでしょうか? 変わってないでしょうか??

ーー

先日、友人の編集者さん(女性)が、
フェイスブックに、こんなことを書かれていて、
とても感銘を受けたので、
本人に許可をいただいたうえで、ご紹介します。

ーー

昨日の夜は寝付けなくて20代の話を聞くみたいな
テレビ番組を見てまし

もっとみる