盆波に我たゆたいて君を待つ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

うれしいです。
3

十六夜

満ち足りた後の透き通った気怠さ。うつらうつらとした浅い眠りの夜の淡いに消え行きそうな短文を書き連ねています。 お気に召したら教えてください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録