見出し画像

夏の忘れ物

僕は昔から夏という季節に対し、過度な思い入れをいている節がある。
中学生のとき、8月も終わりごろになると、今年の夏もなにもせず終わってしまう、という奇妙な焦りを強く感じていた。
それはいまでも大きくは変わっていない。なにか特別なことをしたくなるし、どこか特別な場所へ冒険したくなる。
自転車に乗って空を見上げてみる。
青空が広がっている。
明日どこへ行こう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

一介のバント職人

暇潰し、あるいは教科書に書いた消せない落書き
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。