こども緩和ケアサポートproject

全国の小児緩和ケアに携わる医療従事者の方々のさらなる研鑽とケアの発展を願って、小児緩和ケアの認知と理解がより広く、深く伝わるための情報発信をする団体です。https://sites.google.com/view/pediatric-palliative-care/

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開⑤ きょうだいの待つ自宅へ

我が子・優司の命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみでした。生体肝移植手術のその後です(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開④ 生体肝移植手術前夜、忘れられない夜より)。

手術は10時間にも及びましたが、幸いにも無事に成功し、優司は一命をとりとめます。

私は全身がものすごい術後の痛みで、数日は立ち上がることもできませんでした。でも、点滴を引きずりな

もっとみる

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開④ 生体肝移植手術前夜、忘れられない夜

我が子・優司の命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみである』―という事実を、入院した国立成育医療研究センターで告げられ、母親として生体肝移植のドナーとなることを、選びます(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開③ 立ちはだかった、小児生体肝移植の現実より)。

移植手術を待つ間、私の心のなかでは『夫に悲しい思いをさせたくない』という思いが引っかかり、何度

もっとみる

聖母幼稚園の母の会で本を紹介して貰いました

今日は、広島に行ってきました。母校の聖母幼稚園の母の会で恩師である先生に本を紹介して貰いました。

子を思う親の気持ち、ありのままの子供を愛する気持ちをお母様方に伝えて頂きました。

ただの闘病記ではありません。
手に取るのが辛いような気持ちになるかもしれませんが、この本はお母様方を応援するそんなパワーと愛に溢れた本です!

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開③ 立ちはだかった、小児生体肝移植の現実

我が子のうんちが白い原因や病名などは不明なまま。そして、やっとはっきりとしたことがわかったのは3月も半ばになった頃、『生まれてからたった3カ月の間に、優司の肝臓はほとんどその機能を失ってしまい、体全体が危機的状況にあること。そして命を救う唯一の手段は「肝臓移植」のみである』―という事実を、入院した国立成育医療研究センターで告げられました(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑

もっとみる

『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開② 命を救う、唯一の手段は

2015年12月26日、武藤家の次男、優司誕生。2か月経ったころ、母子手帳に記載された『乳児のうんち』の便色シートで分かった息子の体調異常——自宅近くの小児クリニックのなじみの先生に大慌てで飛び込みました(『ありがとう!ママはもう大丈夫だよ~泣いて、泣いて、笑って笑った873日~』全文公開① 2015年12月26日、武藤家の次男、優司誕生。より)。

直感的に、ただごとじゃないことが起きているよう

もっとみる

厚生労働省記者クラブで記者会見を実施

去る4/12、厚生労働省記者クラブで任意団体“こども緩和ケアサポートproject”の創設について記者会見を実施しました。

こども緩和ケアサポートproject

当日は、共同代表の武藤と同時期に国立成育医療研究センターに入院されていた当事者ご家族もご同席いただき、関心を寄せてくださった報道関係者の皆さんとお話しすることができました。

今後、小児緩和ケアの認知と理解がより広く、深く知っていただ

もっとみる