【本】Frederic Laloux『ティール組織』:組織の進化についてのパースペクティブを得る

木曜日はお勧めの本を紹介しています。今回はこの本を取り上げます。大部な本なので、組織形態の進化について書いた第1部を取り上げます。

Frederic Laloux『ティール組織』(英治出版, 2018)

■要約

人の集まりである組織の形態は10万年の間に進化してきた。それを7つの段階に分類して、ケン・ウィルバーにならって色を割り当てた。
【無  色】受動的パラダイム:10万年前。家族、血縁による集まり。自他の区別が弱い。
【マゼンダ】神秘的パラダイム:因果律ではなく神秘が世界を支配している。
【レッド 】衝動型パラダイム:1万年前。首長制、王国。力による支配。感情抑制できない。
【アンバー】順応型パラダイム:農業、国家、文明。共感できる。関心を他者に向けられる。
【オレンジ】達成型パラダイム:200年前。理性と革命。
【グリーン】多元型パラダイム:公平、平等、調和、協力、コンセンサス。
【ティール】進化型パラダイム:内的基準。誠実さ、自分らしさの感覚。

■ポイント

この続きをみるには

この続き:724文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年に書かれたマガジン「ちはるのファーストコンタクト」の記事をすべて収録しました。300本以上あります。

または、記事単体で購入する

【本】Frederic Laloux『ティール組織』:組織の進化についてのパースペクティブを得る

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

私もスキです!
7

向後千春

ちはるのファーストコンタクト

ファーストコンタクトは相互理解への第一歩。このマガジンでは、私が考えていることの第一歩をできるだけそのままの形で公開していきたいと思います。話題は、アドラー心理学、教える技術、研究アイデア、雑談などです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。