日本人と中国人のコミュニケーションの取り方の違い

◆忖度しすぎの日本人

少し前まで、日大アメフト選手の悪質タックル問題と、財務省の森友学園文書改ざん問題が、連日報道されていましたよね。

それを見ていて、僕は思うんですよ。

中国人と日本人のコミュニケーションを比較して考えると、結局日本人って、忖度しすぎだと思うんです。

上司がこう思ってるだろうから、自分はこう動こうとか。
根回しをして、事が大きくならないように上手に済ませようみたいに考えがち。

中国人がそんな風に根回しするかと言ったら、確実にしないですね。

嫌なことは嫌だ。良いことは良い。楽しいことは楽しい。
どんな事でも自分の感情・感覚を一番にして行動するんです。中国の人は。

ビジネスの世界ならなおさら、彼らは面と向かって戦うことを辞さない。
たとえ契約書を交わしていても、状況が違ってきて契約通りに納品できなくなったら「環境が変わったのだからしょうがないでしょ」みたいに言ってきます。

日本人的には、「契約を守れない、どうしよう…」って、ストレスを抱えることでしょう。

でも彼らのように、開き直ってしまうと、精神衛生上は絶対いいと思うんですよ。自分自身にはストレスかからないから。

日本人って、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、和を大事にする人が多いので、「嫌われたらどうしよう」「いい人だと思われたい」みたいに考えすぎてしまって、結局は自分が苦しくなっていく。

◆幸せになる順番

日本人の感覚として、まず自分の周りの人たちを幸せにして、次は幸せになった周囲を見た自分が、幸せだと感じる、そんな順番。

でも中国の人は、まず自分、自分が幸せになる。自分が幸せなんだから、自分の周りにいる人たちも幸せになるだろう。それが当たり前だと考えてます。

この "幸せになる順番" の違いが、大きな差だと思うんですよね。

日本人も中国人も、自分も周りも幸せになりたいっていう、頂上は一致しているんです。けれども、山の登り方が違う。

嬉しい時はうれしい。
悲しい時は悲しい。
悔しい時は悔しい。

と、感情を表に出すっていうことが、ストレスを貯めない第一歩だと思うのです。

日本人はその感情を押し殺して、組織の体裁だったりとかメンツとかを優先して仕事をするから、ストレスフルになるし、いつまでたっても幸せ感情が生まれてこない。

日本人にも中国人にもそれぞれの考え方があり、どちらが正しいとは断言できませんが、まず自分を大切にして行動すると良いと思うのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。