K太郎

マーケティング、企画について、面白いと思ったことをまとめていきます。 読んだ書籍、人に聞いたことをアウトプットしていければと思います。 最近の関心ごとは、消費者心理、商品開発、サービス。

【書評】ベネフィット・セグメンテーション―成熟市場のマーケティング技術(1974年)

かなり古い書籍なのですが、内容は今日にも生きるものでしたのでご紹介です。この時代から市場は飽和していると言われていたのですねぇ。

背景

マーケティングの本質は潜在的な需要の喚起あるいは創造にある。マーケティングの一部である、顕在的な需要に対しての対応をマーケティングと捉えたことに日本企業の甘さがあり、今日の混乱と無策につながっているのではないか。消費者志向のマーケティングが行われているというが

もっとみる

【書評】UXリサーチの道具箱 イノベーションのための質的調査・分析

ユーザー調査概論から始まり、「ユーザーインタビュー」「データ分析」「ペルソナ」「シナリオ」「ジャーニーマップ」「ジョブ理論」「キャンバス」の7つの手法について解説があります。タイトルにあるように、定量的な調査ではなく、発見・仮説を得るための定性的なリサーチについて深堀されています。そこで気になった、役に立ったと思う部分だけを簡単に抜粋します。

ユーザー調査概要

ユーザーの声ではなく「体験」を聞

もっとみる

【書評】ビッグデータvs.行動観察データ:どちらが顧客インサイトを得られるのか DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文

少し前に発売されたものですが、読みましたので簡単に内容を振り返ります。

◆消費者を理解するためには、ビッグデータと行動観察データが必要

消費者を理解するための三つの基本的なアプローチ

①ユーザーに聞く ②ユーザーを見る ③ユーザーのつもりで考える

上記の具体的なアプローチとしての「ビッグデータ」「行動観察データ」。

ビッグデータと行動観察データの違い:①情報取得の違いから来る属性の厚み 

もっとみる