数牌の山読み理論【麻雀統計&シミュレーション】

研究者

研究代表者 nisi
研究協力者 とつげき東北みーにん

1.はじめに

 今回は数牌の山読みをテーマに一つ研究をやってみたので、その成果を公表したいと思います。

2.例題

 下図の①~④のそれぞれの局面について、リーチした場合の最終的なアガリ率は何%になるか

3.今回の研究テーマと背景事情

 上の例題において、①や②はどちらも両面待ち聴牌ですが、ソーズは誰も切っていない一方、マンズは3者が1mを1枚ずつ切っているという情報があります。このような状況において、特に①の2m5m待ちについて、「2mの場況がよい」というような表現をされることがあります。つまり、1mを切っている他家はその周辺牌である2mを持っていないことが多いので、山に2mがいる枚数が多く、ツモりやすくアガりやすい、という理論です。今回のような、1mが3枚切れているときの2mが山にいる枚数のデータについては『統計で勝つ麻雀』(福地誠、みーにん著)で述べられていて、それ自体有用なデータではありますが、山に2mがいる枚数に差があるときに、具体的に例題の①や②の手でリーチした場合にどの程度最終的なアガリ率に差がつくか、という点についてはこれまで研究が進んでいませんでした。そこで今回は、
(1)牌譜解析により、周辺牌の見え方別の1巡あたりツモ率を調べる。
(2)(1)の結果をもとに、局収支シミュレーションに応用する。

という、2段階の構成により、場況の良しあしをシミュレーションに織り込むことを試みています。

4.例題のシミュレーション結果

 具体的な理論は有料記事(500円)で述べますが、先に無料部分で最終的なシミュレーション結果のみを載せておきます。

① アガリ率64.785%(ツモアガリ率41.692% ロンアガリ率23.093%) 局収支4272.029点
② アガリ率63.672%(ツモアガリ率40.572% ロンアガリ率23.1%) 局収支4166.193点
③ アガリ率68.97%(ツモアガリ率42.35% ロンアガリ率26.62%) 局収支4671.547点
④ アガリ率63.336%(ツモアガリ率40.748% ロンアガリ率22.588%) 局収支4182.571点

 以下の項目を有料記事(500円)にて掲載しております。

5.山読み理論概要
6.例題のシミュレーション結果(再掲)
7.シミュレーション結果の分析
8.今後の課題

 それでは続きをお楽しみください。

5.山読み理論概要

この続きをみるには

この続き:3,920文字/画像4枚

数牌の山読み理論【麻雀統計&シミュレーション】

麻雀数理研究会

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。