mamimisawa

クリエイティブデザイナー /5歳児ママ 「キャンプのある暮らし」の日々を通し これまで手掛けたコーディネートや旅のpicと共に日々感じた事を綴っています 息子と日本一周キャンプ旅ゆるく始めました 作品やYouTubeは→mamimisawa.com

DAY1〜2 東京都→埼玉県

▲▲▲
DAY1
▲▲▲

出発前日まで残務に追われ
当日の朝からバタバタと荷造り荷積み

忘れ物はないだろうか…
きっとあるだろうな…
でもこれだけ持っていればなんとかなるよねっていう
最低限のものだけ何度も再確認して
後は目に付いたものを手に取って詰め詰めしていたら
もうあっという間に正午を回ってしまった
とにかく日が暮れる前に到着しなくちゃ!!

よっしゃ行くぞー!!!
と出発!!!

もっとみる

出発の朝

行きたい場所や食べたいものもリサーチ出来ず
とりあえず初日に目指すキャンプ場だけ決めたが
その後のルートなど、なにもかも未定のまま出発の朝を迎えた

持ち物は何が必要なのか吟味もしていない
連泊キャンプは慣れているけど
1週間以上は初めてだし
実はありと2人だけでキャンプするのも初めてだっだ
でも
私達親子2人のいつもの暮らしや
いつも行く仲間達とのキャンプと
違うことと言ったら…
途中洗濯しなき

もっとみる

蛍光ピンクのウエアーを着たトムソーヤ母さん

リフト終了時刻のギリギリまで滑って
駐車場に戻る

車の荷室でたらたら着替えて
荷物を積んだりしてたら
だだっ広い駐車場には
うちと、だいぶ離れたところにもう1台の2台だけになっていた

ここから4時間のドライブかぁー
「じゃあ夕ご飯にしちゃいますかー」と
息子と2人で簡易的に並べた椅子とコンロが
なかなかいい

小さい頃
何度か家族でスキー旅行に行った

大学生になって
何度か友達とお泊りスノー

もっとみる

雪のある暮らしの片鱗を

息子は雪が好きで一年中
「雪降らないかなー」
って言ってる笑

私達は
雪があまり降らない地域にいるから
息子にとって
雪と触れ合えることは
エンターテイメントのようなものだけど
雪の降る地域で暮らす人々にとっては
「雪のある暮らし」が
人生の一部であるぐらい密接で
降らな過ぎれば生活を脅かし
降り過ぎれば命さえも脅かす程の
自然から降り注ぐ神秘と威力の塊だろう

しかしそんな偉大な自然の

もっとみる

終活ノートはボヘミアン柄がいいな

最近出産したいつもの仲間と
産後の過ごし方って更年期に響くらしいよー!ギャー!
なんて話しながら
なんだかんだ更年期もすぐじゃないー!?
って話に…

たまに
フードコートとかで高校生ぐらいの子が
「うち、もう歳だしー」
とか言ってるのを耳にすると
クスッと微笑ましくなる
自分もそんな事言ってた気がするし
「もう歳だしー」と皮肉りながらも
その言葉には歳をとることへの喜びが含まれている

現在37

もっとみる

この空に何が見える?

夕暮れの空を見ながら
「あと5分で夜になるよ」とか
陽が落ちて真っ暗になるまで
あとどれくらいか教えてくれる

それが
かなりいい線いってる

雲の流れる空を見ながら
「もうすぐ雨が降りそうだね
あっちにあんなに暗い雲があるよ」とか
天気予報も教えてくれる

それに
けっこう助けられている

今5歳の息子は
0歳からキャンプをしている
これまで
「小さい時からキャンプをしていると
お子さん

もっとみる