リハビリテーション

子供の頃は、人見知りが酷くて大変な思いをした。親戚でもしばらく会ってないと話せないし、週一回の英語教室は私以外、学校が違うということに臆して輪に入れず、その日少し話せても、一週間経つとまた話せなくなっていた。その日、打ち解けて話せたぞ!と思っても、日が空くと「もう向こうは覚えてないかもしれない」と思って、怖いとか、恥ずかしいという気持ちなのかなんなのか。学校の友達は毎日会うから大丈夫だったけど。なんだろう。内弁慶ともいうのかな。今はもう治ったと自分では思っていたけれど、「中澤さんって人見知りだよね」と、気軽に話せる先輩に言われたことがあり、やっぱりそういう性格なんだろう。子供の頃、一番すきだった遊び、一人でビー玉転がしてることだったもんな。暗い。

写真は、もしかしたらリハビリみたいな感じなのかもしれない。用事がなければ外に出ないし人に会わない。「写真を撮ろう」という目的があると、一人でも外に行けるし、人を誘えるし、っていうのがどんどん広がっていって、今はだいぶ社交性ある人間になった。ゆっくりとだけど、変わっていった。ただ図太い人になっただけのような気もするけど。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
12

record of tokyo 5

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。