石について

小さい頃、家族とキャンプに行くと、私は気に入った石を必ず持って帰ってきていたらしい。そのことを全く覚えていない。しかし、よくよく思い出せば、すべすべした平らな石や、ハートの形をした石などを持って帰って、それで、家のベランダに飾って置いていたのを思い出した。

石は動かなくて、硬くて黙っているので良い。これがもし、暴れまわって柔らかくてお喋りするものだったら、こんなに気に入らないと思うのだ。みんなで一緒にキャンプへ行って、そこで拾った大切なもの、重くて触れる確かなものだから、大切な品物だったのだろう。

それで、最近はこういった透明な結晶、鉱物が魅力的に思える。東京スカイツリーの商店街にこういう石を置いている店があって、それを一つ買って家で撮った。やっぱり気に入ったら石を持って帰るのは、昔から変わらない。光を当てると乱反射して綺麗だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければサポートをお願い致します。マガジン「一服」の資金に充てます。

ありがとうございます!
26

𝚖𝚊𝚘 𝚗𝚊𝚔𝚊𝚣𝚊𝚠𝚊

カメラマン、エッセイスト。1988年生まれ、東京都出身・在住。写真を撮ったり、文章を書いたりしています。フィルム写真とともにブログ「record of tokyo」を日々更新中。お仕事のご依頼はお気軽に。

record of tokyo 2

born1988 / Tokyo, Japan / female / camera 東京の記録 2

コメント2件

noteをスクロールしていて「とても綺麗な石の写真がある」と思ったらやはりnakazawaさんのnoteでした。
透明感と冷たさに心奪われました。これからも楽しみにしています。
いつもありがとうございます。そう言っていただけて嬉しいです、とても励みになります。続けますのでこれからも見てください〜!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。