最近手に入れたものは、「百人一首」の札と書籍とArduinoセットと電子ブロックでそれがきっかけでデジタルカメラの出番が来ました。

芸術が人類の進化に繋がる生き方。もう一つ。ただ生きている事が責任

状態が悪いながらも月曜日に写真を撮影に行きました。
今年、初の雲海です。
小雲海と呼べばいいのか霧は下まで降りて来てはなかったですが山の上からは結構、霧はかかっていました。
去年は温暖化のせいで一回しか雲海にアタック出来なくてというよりは出ませんでした。
寒暖差がそもそもないまま冬になったので霧が発生する条件がありませんでした。

でも今年は規模は小さくてももう雲海が発生しました。
今年は結構、発

もっとみる

ソニーから新しいAPS-Cカメラが発表される話。

お久しぶりです。リューヤです。前回の更新から随分とあいてしまいました。8月も終わりますね。いかがお過ごしでしょうか。

今回はカメラのお話。

この記事を書いている今日 2019年8月28日の午後11時からソニーの新しいカメラ発表会があります。噂ではα6500の後継機とα6400の廉価機(α5100の後継機)が発表されるのではないかと噂されています。

私が気になっているのは、α6500の後継機で

もっとみる

撮影すること(自己紹介も兼ねて)

私は幼少期から家にカメラがある生活を過ごしてきました
特別ではない存在でした。
本格的に自分のカメラを購入したのは社会人になってからです。
当時はまだコンデジでした。その頃は、デジタル一眼レフは確か10数万円近くしていました。収入もカツカツだったので手が出せず😓
それから数年経ちようやくデジタル一眼レフ(1400万画素)が10万円弱ぐらいになって購入しました。
ただ当初はカメラについてそこまで理

もっとみる

GoPro Fusionになりました。

360度カメラを使って数年。4台壊れて5台目になります。
ずーっと“RICOH THETA”を使っていましたが この度ついに『GoPro Fusion』にしました。

というのも 価格がとっても安くなっていたからです。発売当時は値段が高いということでさけていまいたのですが 今だと40,000円でおつりがきてさらにSDカード2枚つき。これなら性能に対してだいぶコスパがよくなっています。

セルフタイ

もっとみる

あんときのデジカメ  「太陽はうんざりするぐらい照っとる」讃岐の夏空 with CASIO Exilim EX-S2

(はじめに)「さあ、いよいよ待望の夏休みがやってきた」ということで、夏らしい空を2002年のカシオのデジカメでスケッチしようと考えたのですが、なかなか夏らしい空に巡り会えません。さて、これ、いかに?

さあ、いよいよ待望の夏休みがやってきた。

さあ、いよいよ待望の夏休みがやってきた。と言っても、ぼくたちの場合、クリフ・リチャードが《Summer Holiday》で歌ったように、「太陽が明るく輝い

もっとみる
スキありがとうございます。
2

あんときのデジカメ 讃岐の向日葵を撮影しながら、感覚のズレを考えてみました with Nikon COOLPIX S01

(はじめに)夏の花の代表といえば向日葵。その盛りは実は8月ではなく7月なのではないかと考えながら撮影してみました。讃岐の向日葵をスケッチするのは2012年製のNikon COOLPIX S01。「COOLPIX史上最小最軽量」をカメラを使いながらカメラで撮影する意義もちょっと考えてみました。

向日葵の盛りとは一体いつでしょうか?

 夏の花の代表といえば、やはり「向日葵」になります。讃岐へ戻って

もっとみる
スキありがとうございます。
5

私のnoteの楽しみ方

私はnoteを始めた(何度か出入りしています💦)頃からずっとnoteはスマホだけを使って下手くそな写メ、文章をUPしていました。
デジカメもタブレットも持っていたのですが。

主人が通っていた専門学校のクラスメイト同士で結婚されたご夫婦と私達夫婦で大震災の前の年、車で九州旅行に行ってきました。

その時に私は、初心者コンパクトデジタルカメラをヨドバシに買いに行きました。
店員さんのイチオシを勧め

もっとみる
嬉しいです(´ω`*)
8

あんときのデジカメ 夏への扉 with Ricoh Caplio R3

(はじめに)梅雨があけ「夏への扉」(ハインライン)が開きました。お馴染みの寄り道コース(さぬき浜街道 津島ノ宮駅→多度津町)を、2005年製リコー Caplio R3でスケッチしてみました。瀬戸内海は夏真っ盛りです。夏の暑さは苦手ですが、夏には不思議なワクワク感がありますね。

夏への扉

 『月は無慈悲な女王』や『異星への客』『宇宙の戦士』など、ハードなSF作品で知られる作家がロバート・A・ハイ

もっとみる
スキありがとうございます。
6

あんときのデジカメ  雨はどんな形で降るのか 讃岐の梅雨路を歩きながら考えた with OLYMPUS μ790SW

(はじめに)気象庁によれば「やや強い雨」と「強い雨」には違いがあるそうで、指摘されると確かにそうです。ものごとを十把一絡げに理解しないほうが毎日は楽しいかも知れません。そんなことを考えながら、讃岐の梅雨路をオリンパスのμ790SWでスケッチしてみました。

十把一絡げに「雨」を理解するのではなく

 最近、雨についてあらためて調べて考えています。例えば、雨粒の大きさは、通常は直径1mm前後といい、

もっとみる
スキありがとうございます。
3