maria

少しずつ好きなことをする人生にシフトしたい。書くことを大事にしたい。できるだけ心の動きを丁寧に書きたいと思っています。●練習のために色んな記事を書いています。野球・バスケ・旅・レポート・日常の雑記

何だか、最近胃が痛いよ

「そういえば、最近あの人があなたのことをこんな風に言ってたよ」

ってわざわざ教えてくれる人は、何なんだろう。あなたのことを考えたら伝えた方がいいのかと思って、とは優しさのつもりなのだろうか。
「ありがとう、懐かしい人の話を」と受け取っておく。

*

「こんな風に」と言っていた話はもう数年前のこと。
人生でも指折りのしんどさだった頃、私が文字通り折れそうになっていた一場面を当時の上司が切り取って

もっとみる

ドーナツの穴には何がある?

きっとさ、世界は思っているより優しくて、思っているより平和で、思っているより急がなくていいんだ。

朝10時、すでに気温は32度の宮古島市内。
暑いのが比較的平気な私は、宿から歩いて15分のお店に向かう。
気になっていたお店、『ニンギンドーナッツ』へ。

ドーナツホールって何かで出てきてたな、ドラマ『カルテット』だったっけなんて、茹だるような暑さの中でぼんやりと考えながら歩く。やっぱり車いるよ

もっとみる

一日中寝ていた日の日記

たまに、いや……しばしば?、溶けるように眠る日がある。

きっと色々なことの狭間で、思っている以上に消耗していたんだろう。

こういう時は思い切って溶けてみる。どう頑張ったって心も体も動かないから。
持って帰ってきた仕事は明日の朝にしよう。今やろうとしたところでどんどん嫌いになってしまいそうで。

ようやくぼんやりと帰ってきたのは夕方16時頃だった。そこからとりとめのない「これやっておきたい」をち

もっとみる

好きな色に逢いに行く。

これほど、「始まりの朝」の実感がないのも珍しい。

7月半ばなのに晴れ間となかなか出会えなくて雨が降りそうで。じめっとした空気がまとわりつく。こんな天気の日には何だか気分も晴れない。

バスを降り、混雑した中を歩いていく。
荷物がじんわりと重い。いつもよりも厳選したはずなのに。きっと「平日だし、何かあるかも」と泣く泣く入れることにしたパソコンや“減らしきれなかった何か”がちょっとずつ積み重なってい

もっとみる

ぎりぎりじゃなくて余裕を持って

私は運がいい、と思っている。
ただ、詰めがめちゃくちゃ甘いのも紛れのない事実。

運だけで乗り切るには難しいことも出てくるし、やってしまった(てへっ)が出来るキャラでも年齢でもないのでそろそろちゃんとしたい。

この時期になると思い出す、詰めの甘さ。前のブログにも書いた気がする。笑い話ですんだけれど、気をつけないと……。

*

どこかへ行こうとするときにお天気に恵まれることが多い。1週間雨続きだ

もっとみる

雨の日に夢見ること

そういえば、「夜は雨が降る」って言ってたなと、思い出した時にはもう遅かった。

会社を出て、傘を忘れてきたことに気づく。
やっぱり朝ばたばたして出るとこうなるよねって後悔したところでどうしようもなく。

仕方なく最寄り駅まで向かう。少しでも雨が小降りになっていますように。

そんな淡い期待は見事に裏切られ、ますます雨粒は大きく激しくなっていた。タクシーで帰れたらいいのに、とため息をつく給料日前。

もっとみる