本田篤嗣(Master Honda)

社会起業家。NPO法人まなびデザインラボ理事長。作家、作編曲家、アーティスト、講師、コーチング、経営者としての活動が中心です。「教育」×「芸術」×「経営」。著書に『18歳からの「夢を実現する人」のルール』ほか。山口県最大級の塾を経営し数千人を指導してきた経験を持つ。

学校の勉強のその先にあるもの/世界の理解への入口

学校の勉強はたかが学校の勉強、と切って捨てるような感覚を持っている、大人の方も多いのではないだろうか。

たしかに、これを単なる試験通過のための技術にすぎないと考えれば、これは至極、チープなものになるだろう。
僕もただのテストの点数、受験の点数には、興味が持てない。

ところが、この点数の勉強をツールと割り切り、本質的な勉学の中身にフォーカスしてみると、話は変わってくる。

教科書を使う側の意識が

もっとみる

教育は個別最適化へ/人とのつながりの中で生きていくこと

教育は個別最適化に向かう。

これが大きな方向性で、時代とその社会、今の子どもたちに非常に合っている。

いわゆる、知識ベースの技術的な面は、テクノロジーを活用し、環境は整うはずだ。

ここで鍵になるのは、
人生として、あとは何を学び、手に入れていくべきか。

それが、人とのつながりの中で生きること。

人の中で生きる力。
そしてつながりそのものもをプロセスの中で手に入れていくこと。

これだろう

もっとみる

学校、クラスは崩壊続出。旧来の学校の価値観が通じない現在をみて。

2018.2.21 FB投稿より

今日もまた話に上がるのですが、
かなりの小・中学校でクラスが崩壊しています。

(公的なことなので、ある程度発信されるべきだと考えて書いています)

実は、一時期、「学級崩壊」という言葉はなりを潜めていました。

それは「座れないこどもたち」が登場してから、
「座らなくても成り立つ授業」を推進したからです。

しかし、今、時代は次に移りました。

もう従来のそれ

もっとみる

子どもの学習から余計なストレスをなくすための具体的な2つのこと

「小学生無料学習指導」への参加も少しずつ増えています。

5月にスタートしてまだわずかですが、嬉しい感想をいただいているのでご紹介します。

小2保護者の方からのご感想です。

(口頭でお聞きできたので、ざっと書くと以下のような感じ)

"まだ参加し始めて一ヶ月と少しですが、なんとテストで100点を取ってきてくれました。今までなかったことでびっくりです。すごく早く成果にあらわれて嬉しいです。喜んで

もっとみる

今の子どもたちの特性への理解と新しい先生像

子どもたちの特性が今、大きく変わってしまっていることを、ちゃんと勘定にいれないと、大人が行う子ども達への教育は的外れになり、かつ、言うことを聞いてくれないので成り立たないです、という内容について書きます。

そのくらい、インターネットとスマホは、人の(脳と身体)の成長に変化をもたらしているのです。

子どもの教育に携わる人間は、現代のこどもたちの特性をしっかりと把握する必要があります。

現状では

もっとみる

先生と生徒のためのトーク授業『ゴールの重要性』/2018.12 授業ライブ配信/山口県周南市/教育/文科省/教育委員会/学級運営

小学生授業でのトークをfacebookにてライブ配信した際の動画をご紹介。

2018.12 まなラボスクール @山口県周南市

生徒だけではなく、クラス運営にお困りの先生方にもオススメの内容です。

テーマは「ゴールの重要性について」

・なぜゴールは重要なのか?
・ゴールが思考法を決める
・ゴールこそが最優先事項
・クラス運営にもゴール設定が不可欠
・先生が決める「目当て(めあて)」になぜ意味
もっとみる