予測不可能な世界だから「考える」時代になる。「共創」の時代になる。「進化」が前提の時代になる。

​​
​​最近の私のテーマは「私自身の思考はどのようになっているのか?」これを考えている。​​今回の話は「20世紀を生き抜く3+1の力」より、「これからの時代に求められる力」についての話。

​​最近の私が書いたnoteも「考える力」関連のものが多いので共感する部分多いです。

​​最近の私の「考える力」のnote3選

​​思考の整理学の話その3「拡散的思考と収斂的思考」の2つの思考を区別する
​​人は意外に深く考えていない。ちゃんと考えるために、自分の思考の癖を知る
​​有言実行、有言不実行、そして不言実行

​​本日のお供|20世紀を生き抜く3+1の力

生き抜く3つの力

・考える力
・共創する力
・進化する力
3つの視点は意識しておきたい。

考える力

​​「考えて決める人」vs「実行する人」という役割分担が薄れ、一人ひとりが自分の頭で「考える」時代になる。

​​つまり、考える力が重要になる。
​​そして実行に移せる人。
​​
​​従来のモデルがどんどん崩れている。
従来の少数の「決定者」と大多数の「決められたことを忠実に実行する」というモデルが崩れている。
​​
少数の「決定者」が考えているレベルも
・これまでは他社事例主義
・右にならえ主義
・既存事業の延長線上主義
で判断、すなわち決断ではない。
​​
​​決定者の「考える力」を優先的にアップデートしていかないといけない。

​​​​共創する力

多様な「専門性」をもつ「個」が、「国家」や「企業」という枠組みを超えて機動的にコラボレーショ ンする「共創」の時代になる。
​​
​​専門性をもつ人々が「ぱっと集まり、ぱぱっと問題解決をし、ぱっと解散する」ような、機動的なプロジェクトチームワークが増える。

​​ガートナー社、2010年「The Future of Work」

​​日本でも徐々にこの働き方、プロジェクトチームワーク中心の動きが増えている感覚があります。

ちょいと話しがそれますが、​​先日、このブログが話題になっていました。
「​​若手技術者が年収800万円を要求、怒った課長の非常識さ」

 「優秀なプログラマーを採用しようとした某企業。応募してきた若手技術者に『年収800万円以上なら就職してもよい』と言われ、面接官の課長は『私の給与よりはるかに高い』と怒ったそうだ」。Twitterでそんな話をつぶやいたら大反響があった。まさに日本の常識は世界の非常識である。

怒った課長のいる会社では機動的なプロジェクトチームワークなんて不可能でしょうね。​​と、それはさておき、専門性・専門家を軽視している会社は、もう限界、ほっといても市場から退場するしかなくなるけどね。

​​進化する力

やってみて、その反応を見て修正するプロセスを繰り返す、継続的な「進化」を前提とした時代になる。
​​
​​予測不可能かつ複雑なタスクが、仕事の大半を占めるようになる。

​​ガートナー社、2010年「The Future of Work」

​「やってみて」が極端に難しい。​​なぜなら「やってみて」失敗するとマイナス評価になるから。
「やらない」選択肢のほうが正しいという歪んだ世界。

予測不可能な世界において、進化をしないといけない!

これ理解できない人が多い。でも沢山いることは知っています。残念。
​​​​
​​​​本日のお供「20世紀を生き抜く3+1の力」では、ガートナー社の2010年レポート「The Future of Work」これからの時代を見据えた10 - の紹介も合わせて行っています。

​​ガートナー社、2010年「The Future of Work」

1. 予測不可能かつ複雑なタスクが、仕事の大半を占めるようになる。
​​
​​2. 各分野の専門性をもつ人々が「ぱっと集まり、ぱぱっと問題解決をし、ぱっと解散する」ような、機動的なプロジェクトチームワークが増える。
​​
3. ​③これからのプロジェクト型チームは、「同じ釜の飯を食べた仲間」といった昔ながらの関係の濃いチームではなく、「Facebookでつながっているがお互いに仕事をしたことはない」といったような「緩くて広いつながり」のネットワークから組成される。
​​
​​4. 自分の組織の中の人々だけでなく、「同じエコシステムの中にいる影響力のある人々」と密接に協働しなけ ればならない仕事が増える。
​​
​​5.「複雑な問題に多様な人々と協同して取り組む力」は、当面は「標準化」したり「パターン化」することはできない。
​​
​​6.「言われたことをやる」のではなく、「自分で考え、新しいものを創り出す」ことがより強く求められるようになる。
​​
​​7. エクセルのデータを分析して判断するのではなく、実際に(バーチャルな環境下も含め)実験し、やってみて、その反応を見て判断するようになる。
​​
​​8. 新しいトレンドや大きな構造変化を予測する仕事が急増する。
​​
​​9. 組織や国境等の「枠組み」を超える多様な人脈・ネットワークをもつことが、より大きな資産になっていく。
​​
10. 職場はより「バーチャル」になってい-機動的プロジェクトチームが開く会議は、時差や組織をまたぐよ うになり「いつでもどこでも」仕事できるようになる。

:::::::

noteは年300記事程度の更新頻度。
「プランナー&デザイナーの思考、考え方」「リーダー育成」「新規事業開発」「プロジェクトマネジメント」「プロジェクトファシリテーション」を中心に書いていきます。興味のある方、是非フォローして最新記事を受け取って頂ければ幸いです。


このノートが参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アレとソレを組合せてみたらコノ課題を解決できるソリューションができるよね?と言うパズルをやるような思考回路です。サポートして頂いた費用は、プロジェクト関連の書籍購入やセミナー参加の資金にします。

長寿と繁栄を
15

プロジェクトデザイナーの読んで欲しいnote

ディスカッションのテーマにしたいnote
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。