見出し画像

職・遊・住の融合 豪メルボルン郊外GEELONG(ジローング)の暮らし

 メルボルンは、昨年まで世界一住みやすい都市に何年も連続して選ばれた、たくさんの人にとって憧れの街。ただ近年は、グローバル化、産業の情報化により都市への人口密集が進み、メルボニアンの暮らしぶりは大きく変貌しています。

 伝統的なオーストラリア家族のライフスタイル、大きな裏庭でワイワイBBQを楽しみ、家族でホリデーに出かけ、自然豊かな環境の中で子供達の成長を見守る。昔ながらのオーストラリア文化と変わりゆく都市生活、すこしずつその整合を取るのが難しくなってくるのも仕方はありません。

 その中、私が住むメルボルンから南西75Kmに位置する港町ジローングは、その自然豊かなライフスタイルと都市生活のバランスの良さが注目されています。昨今、州政府の方針で街中心部の再開発が始まり、オフィス、ホテル、大学キャンパスの建設など、街は活況を呈しています。住宅価格の割安さも相俟って、若い世帯を中心にメルボルンや他州からの人口流入も続いています。

 2012年、日本でメカニカルエンジニアとして取得した技術独立永住ビザで、我が家はこの街に移住してきました。それから7年経ち、この街が本当に気に入っています。私が思う一番の魅力は、日常の職・住が30分から1時間の範囲内にあり、全てが融合したバランスの良い生活スタイルが可能な事です。日本で”働き方改革”が叫ばれる中、ここオーストラリアの働き方、暮らし方からは、何かヒントが得られる様にも感じます。仕事・職業は生活の中心だけど、アフター5、週末、ホリデーは何歳になっても新たな学び、遊びのための貴重な時間と、はっきり切り分けられています。また、居住環境は、家族でくつろぎ、時間を共有する大切な空間、多くの人が驚くような”こだわり”を家に見せるのも、そのためです。

 私の生活から具体的に<職><遊><住>を整理すると

 <職>物価が高くインフレが続くオーストラリアで生活するには、(元々の資産などあれば別ですが)まずはある程度の給料水準の仕事に就かざるを得えない。”夢のオージーライフ”にも、リアルな現実があります。。。
 オーストラリアでは、都会に行くほど給料の高い仕事があったり、募集職種も豊富で、地元のコネやしがらみが田舎ほどは多くないので、海外から来た技術系移民は大抵、メルボルンなど都会を目指します。私も移住後数カ月間、現地で就職活動をしました。そして運よくFord(フォード自動車)開発部門、ジローングからメルボルンへ向かう途中の街で勤務する事になり、今は30分かけて車通勤しています。地元オージーの方でも、家族連れでジローングに住みながら、仕事はメルボルンで働き続けるために、車又は電車で通勤している家族も多くいます。

 <遊>週末メルボルンへ出かけると観光地の様な遊びはたくさんありますが、私たち子供のいる家族世帯にとって一番の魅力は、質の高いアウトドアアクティビティが30分から1時間圏内で楽しめることです。色々ある中でも、我が家は、夏のビーチキャンプ、イカ釣り4WDドライブ(四駆車)を楽しみにしています。やはり海が近いので、サーフィンを趣味にしてる友人は多いです。
 逆に冬は寒くアウトドアにあまり向かないため、近くのアバロン空港から冬でも温暖なクウィーンズランド州に避寒に行くのも一つの楽しみです。オーストラリアでは国内旅行が気軽に出来るように、格安航空券がよく利用されています。(ここだけの話)子供の学校がある期間でも、家族旅行に出かける方はけっこういます。
 その他、車で30分も行けばオーストラリアならではの動物カンガルーが、目の前で飛び跳ねるのを観察でき、大自然の中で生きている生活を楽しめます。

 <住>広々とした庭、ガレージ付き一軒家に住む事もジローングであれば実現しやすいです。夏は外でBBQを楽しみ、秋冬は庭木や芝生の手入れ、冬になれば家の暖炉の前に集まりしっぽりと過ごす。私も2014年に自宅を購入したのですが、ジローングは住宅価格がメルボルンに比べまだ割安で、家族構成など好みに合わせて住環境を選択できるのはとても良い点です。
 また、住みやすさに関して、海外在住者の悩みの種が食事です。幸いジローングの街にもアジア食品が購入できるお店はありますが、アジア系移民の多いメルボルン西部まで行けば、たいていの日本食材が手に入ります。

 ここからは、写真も交えてジローングの暮らし<食><遊><住>にまつわるキーワードを、もう少し詳しく紹介します。

<メルボルン>たくさんの国からの移民で構成された多国籍文化都市。実は、1964年昭和の東京オリンピック二回前、1958年夏季五輪の開催都市であったりして、スポーツは今も盛ん。1963年には私の実家の地元企業トヨタ自動車がメルボルン工場で組立てを開始したりと(2016年惜しまれながらも操業停止)、産業面でも日本と古くから繋がりがありました。昨年は、サッカー本田圭佑選手が地元チームでプレーしたので、我が家も、クラブ年間チケットを購入し、応援に駆け付けました。ブログ、旅行情報が既にたくさんあるので、あまり多くは触れないでおきますが、国際色豊かなグルメや娯楽も多くあり、とっても楽しい街です。
さすが、元 ”世界一住みやすい街” ですね!!

<アジア食品>アジア系住民の多いメルボルン西部Point Cookに、我が家はよく行きます。いつも買うのは、日本の調味料、納豆、ふりかけ、カレーのルーなどなど。日本ではごくありふれた食材が、私達にはとっても有難いんです。この地区は、中国、韓国系の住人が多く、日本語は通じないものの、どこか落ち着く雰囲気を醸し出してて、私は好きです。そして、納豆を買って帰るととても喜ぶ我が家の子供達。。。思いっきり日本人です(笑)。

<アバロン空港>ジローングの街中心から車で10分ぐらいの距離。国内線はジェットスター、国際便はエアアジア航空がクアラルンプール(KL)まで飛んでいます。いつか、KL経由で、私の地元中部国際空港まで帰省するのが小さな夢。。。KLでの乗り継ぎが悪くて、今のところ夢は叶っていません。

<フォード・職場>ここで働きだしたのが、2012年もう7年前か(ひと昔前の気がする。。。)私は、車の振動・騒音エンジニアをしていて、ピックアップトラック、SUV 車の開発に携わっています。自宅から車で30分、人里離れたテストコースまで通勤するのですが、運転距離も長く途中カンガルーが道路に飛び出してきて危ない場所もあるので、平均して週1日ぐらい、在宅勤務を選択しています。
 私の部署には今、14か国からの出身者が一緒に働いています。そこには、小さな子供の頃家族で移住してきた人、大学留学できた人、私の様に新しい移住者まで色々含まれています(父親が小さなボートに乗って、難民として移住したという同僚も以前いました)。文化背景、宗教、母国語など、みんなバラバラの様に見えるけど、個性の強いエンジニア集団として不思議な一体感も感じる(たまに、、笑)。そんな環境も移民国家オーストラリアらしく、私が好きな所です。

<ビーチ>ほんと凄いなと思うのは、30分~1時間の距離に、ビーチは数えきれないほどあります。しかも、どこに行ってもすごく綺麗。ビクトリア州の海水は、ゴールドコーストやケアンズに比べて冷たいので、うちの子供たちは半袖半ズボンの簡単なウェットスーツを着て遊んでいます。それでも、冷たい水に慣れていないとガッツがけっこう必要です。サーフィン世界大会で有名なBELLS BEACHや有名観光地でグレート・オーシャン・ロードの出発地Torquayもすごく綺麗で風光明媚な場所です。

<キャンプ>キャンプ場もビーチ同様にもの凄くたくさん選択肢があるのですが、キャンプファイアで調理するのが好きな我が家は、静かな山(ブッシュ)の中によく行きます。海沿いもキャンプ場がたくさんあり、昼間はビーチで遊ぶこともできるので、来夏は行ってみたいなあと思っております。右下写真は、子供達が大好きなマシュマロ焼きです。

<イカ釣り>日本の餌木を使ったイカ釣りは、子供もゲーム感覚で簡単に楽しめるので、家族連れにも良いアクティビティです。僕らは”イカ釣り名人”こと”遊びの達人”に釣り方を教わっているのですが、海外に来て色々な特技を持った方と出会い、友情を深めることができるのも素晴らしいことですね。

<4WDオフロードドライブ>たった30分行けば、けっこう本格的なオフロードドライブが楽しめる場所に行けます(ちなみにここは、公道でお金も掛かりません)。写真は、私がフォードで開発に関わっているEVERESTというSUV車で、これも仕事なんだよ(?)という理由づけで楽しんでます。右下写真は、私の友人が水たまりから抜け出せなくなった時のものです。後の写真は、私の運転です。

<カンガルー>私の通勤途中、動植物自然保護区、州立公園の中を車で通過する必要があるのですが(左下写真、林道の中を制限時速100㎞で走行する感じ)、道中カンガルーにしばしば遭遇します。ちなみに、これまで通算3回、軽度で助かりましたがカンガルーと接触事故を起こしました(泣)。
 ただ、この一帯は壮大な大自然が広がり景色も良いので、遊びに来てくれた友人家族を楽しませるのに、とても良い場所です。

 最後に
ここまで、読んでくださり大変ありがとうございました。今回初めてnote記事を作成してみました。”職・遊・住の融合”、ちょっと大げさなタイトルかも知れませんが、自分達が住む街の魅力を、少しでもお伝えできれば良いなあと思いました。今回の記事では書き切れなかった部分、別記事でまた書いてみたいと思っています。よろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

Masashi Ishikawa

エンジニアとしてオーストラリア永住権を取得し、2012年メルボルン郊外ジローング(Geelong)へ移住。ピックアップトラックRangerの開発に従事。三姉妹の父。現地の暮らし、永住権、就職、不動産ネタを記事に。よろしくお願いします。Twitter @mishik2019
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。