キャリアパスを築くために

(twitterの投稿をまとめて再掲しました)

最近、キャリアを築けない/築けるという話題が多いので、性懲りもなく、僕はこうしたよ的な話をしておこうと思います。

■キャリアを築くとは

キャリアとは何か…で検索すると色々と出てきますが、要は「(成功も失敗も含めて)今まで何をしてきたか」ということで。どの業界にいたとか、どの会社にいたではなく、やってきたこと/やれるようになったことの積み重ねがキャリアなのではないかと思っています。

なので結論からすると、(キャリアが綺麗かどうかは別として)
どのような業界のどのような企業でも、キャリアは築けると思っています。

じゃあ、綺麗なキャリアってなに?ということですが、

・業界の知識に精通する業務をこなしてきた
・特定の技術に精通する業務をこなしてきた
・自らの手で舵を取って物事を押し進めてきた

というのがよくわかる経歴(手に職が就く経歴)であることなのかなと思います。そして、よくわからないキャリアは、

・何を主軸にやってきたのか見えない
・会社や上司に言われるがままやってきた感がある

なのだと思います。

特にSES(※1)は、常駐する顧客によって請け負う仕事が様々だったり、自社から空いているプロジェクトに派遣されたりするので、何もなくそのまま仕事を受けるだけだと「会社に言われるがままにやってきた感があるキャリア」になるわけで、それがSESのキャリアが築けていないと判断される要因なのかなと思います。

(※1)SES(システムエンジニアリングサービス)とは
    http://e-words.jp/w/システムエンジニアリングサービス.html

■但しそれは、SESじゃなくても同じ

ただしそれは、SESじゃなくても同じ状態に成り得るんじゃないかなと思います。結局、SESでもベンチャーでも大手SI企業でも、仕事する環境は次のパターンじゃないかなと思います。

①同じ企業で、一つの仕事をずっと担当する
②同じ企業で、様々なプロジェクトを担当する
③様々な企業で、一つの仕事をずっと担当する
④様々な企業で、様々なプロジェクトを担当する

大手SI企業内でも、同じ仕事をずっと行っていて、市場価値があまりないエンジニアになるということも考えられるわけです。

じゃあ、どのような職場でも先ほどの条件のいずれか、または全てを満たすように自分でキャリアパスを築くよう動くしかないですよね。

そこで、SEがキャリアパスを築く上でやるべきことは、次の行動が必要だと思います。

(A)自分の仕事がある程度習熟したら、
 別の仕事を任せてもらうように希望を出す。
(B)別の仕事を任せてもらえないなら異動願いを出す。
(C)異動願いがだめなら転職する。

■注意すべき点

ここで注意すべきことは、ステークホルダーが多い現場では、自分の希望が通りづらい、または希望が通るまでに時間がかかるということです。自分が習熟したと感じた後に異動したくても半年や1年待たされるということが頻繁にあります。その期間さらに習熟できれば良いですが、難しいかもしれません。

そのため、1カ月ごと、3カ月ごと、6カ月ごと、1年ごとに自分は何をやるか。いつから何をしたいか。を自分なりに持っていると時間を無駄にしない進め方ができるかもしれません。

ただ、管理がずさんな企業や派遣元の場合、その時期を迎えてから調整し始めて結局長く待たされるということも多いので、自分から上司や派遣先に3カ月前くらいからリマインドで何度もアピールした方が良いと思います。

保守や運用といった場合は別ですが、開発が主な業務である場合は案件ごとに納期があり、納期から1,2カ月は残ってほしいという要望が多いので、案件が始まった段階で、抜ける計画を立てたり、次の案件では別工程を担当するなどの希望を出した方が良いと思います。

もし、
・希望を聞いてもらえない。
・希望が通らない。
というのであれば、自分のキャリアに得るものがない期間が続いてしまうので、そうそうに異動or転職をした方が良いと思います。

ただ、気を付けて頂きたいのは、転職した後もキャリアが築きにくい職場である可能性があり、その場合はやみくもに転職回数が多くなってキャリアが不鮮明になってしまうこともありますので、転職活動時に何をしたいか。それができるか。をきちんと質問した方が良いと思います。

■新しいことにチャレンジする人へ

新しいことをチャレンジするのは難しいです。「未経験です」で飛び込んでもなかなか採用されません。でも、自分の経験に隣接する仕事なら可能性はあります。

例えばプログラミングはやってきたけど、プログラム設計はメインでやってきていなかった場合、プログラム設計を一から自分で作ってはいないけど、それでも内容・要点を抑えていますよね。いきなり要件定義やらせてくれというよりは、自分のスキルや経験を主軸に拡張するイメージで進められます。

同じ職場でプログラミングがメインだけど運用のお手伝いをしていれば、運用に関する方向でキャリアを伸ばすこともできるはずです。

今の自分に全く関係のないものをキャリアとして築くには、自宅で独学で努力することが必要になりますが、多くの人が自分の持っているものを広げていくことから先を見据えている人も多いです。やってないから次に進めないではなくて、隣接するところからまずは攻めてみては如何でしょうか。

■今から就職活動する方、新入社員の皆さんへ

学校で習ったこと。もしくは最初に会社で学び始めたことが、最初の軸になります。そこから今後のキャリアを伸ばしていくことになります。

入社したら実はやりたいことじゃなかった。イメージと違った。言われるがまま仕事をしてるということになると、軸が決まらないまま、肉付けされないまま宙ぶらりんになってしまうこともあります。

入社して3年同じ会社にいろなんて言いません。ただ、最初にやるだろう仕事はなるべく会社を決める前に方向性は決めておいた方が良いし、入った後であれば、受けた仕事一つ一つで、他社でも飯を食える軸になるように身につけていく方が良いです。

そういう進め方が将来を左右するんじゃないかな。と思います。もし、全く見当違いの仕事だった場合はそのままなんとなく進めるのではなく、スパッと軌道修正した方がより良いキャリアを築けると思います。

■あとがき

いつどんな年齢でもキャリアの路線変更はできるし、(努力は必要ですが)未経験だって何だってその時点からやっていけると思います。ただ、「あの時から、この仕事を始めていればよかった。」と後悔するのはとても勿体ないです。

毎日会社に行って仕事をして、反復して習得する技術や経験は馬鹿になりません。5年、10年、15年過ぎたときに実感してくると思います。その毎日をやりたい仕事に費やすことができていたら、とても素晴らしい結果が得られると思います。

皆さんが、よりよい仕事に携われることを応援しています。

むぎより

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んで頂いて、ありがとうございました(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)” みなさんに何か得るものがあったら幸いです。

ありがとうございます(⋆ᴗ͈ˬᴗ͈)”
94

むぎ

#エンジニア 系記事まとめ

noteに投稿されたエンジニア系の記事のまとめ。コーディングTIPSよりは、考察や意見などを中心に。
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。