カオルは、なぜ女性用風俗というビジネスを始めようと思ったのか

女性向けの性的サービスは、男性向けと大きく違います。カオルが女性向け風俗店ムツゴトの設立に至った経緯を詳しくご説明してゆきます。


前回のnoteでは、これを「風俗」と呼んでしまっていいのか?という話をしました。男性向けの場合は、単に「性欲を処理=射精」させればいいのだけど、女性の場合は性的欲求に加えて、メンタル面のケアも併せて必要になる場合があります。具体的に言えば、お客様である女性自身のことを良く理解して、認めて、それを受けとめることが、サービス提供側に求められるのでは無いかということです。

僕は女性向けの性的サービスというものは、サービスを表す適切に表す「呼び名」がまだ世の中に出現していないと考えています。したがって、需要(女性のニーズ)は確かにあるのだけれども、マーケットは顕在化されていないのです。
「婚活」というキーワードがあります。2007年11月「AERA」誌上で、初めてこの造語が世に出たのです。「婚活」という言葉が出現したことで、いわゆる婚活ブームが引き起こされ、結婚関連ビジネスは活況を呈してゆきました。自治体も少子化対策と関連して、支援に取り組むまでになっています。造語「婚活」が出来る以前は、なんとなく結婚相手を探している男女がいただけなのですが、いまでは未婚の男女が就職活動のように取り組むべきテーマとなってきています。

僕がこれまでやってきたことは、言葉で説明すると「男性のセックスにおける専門家が、心(メンタル)と身体(フィジカル)両面で、女性に対してセラピーすること」でしょうか。以下、詳しくお話しさせて頂きたいと思います。

・カオルが、女性向け☆俗を始めようと思ったきっかけ
・女性はどんな性的な問題を抱えているのか。
・女性であることが抑圧されてしまう世の中と、男性の存在意義
・僕は女性の方にどのように接してきたのか
・ムツゴトを設立するに至った理由とは
・源氏物語と女性に対して僕が想っていること

ムツゴトはいわゆる風☆店です。それなのに、なぜ僕はメンタルなことをこんなにブログに書いているのか?過去を振り返ってみて、自分でも初めて理解できました。ホームページをご覧になった女性の方から、「私は悩みは無いのだけど、利用してもいいのでしょうか?」と質問を受けることがあります。もちろん、まったく問題は無いのですが、そう思わせてしまう原因は最初の始まりにあるようです。カオルも少し方向性を見直していく必要があるかもしれません。
http://mutsugoto.jp/
https://virgin-complex.com


※性的な表現が多い記事になります。苦手な方はをご購読をおやめください。


女性の性について考えることになったきっかけ

この続きをみるには

この続き:7,512文字/画像1枚

カオルは、なぜ女性用風俗というビジネスを始めようと思ったのか

女性用風俗ムツゴトスタッフノート(カオル)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

コメント3件

いつもブログ楽しみにしています。
私は中学生の頃、周りの子達は性に対してませていたのに対し、人を好きになった事がない、付き合うということはどういうことなのか。 手を繋いだり、キスしたり、セックスしたり、そんなことの存在すら知らない子でした。 そんなある日突然、母親が不倫をしていることが発覚し、そこから全く知らなかった性に対することが受け止められなく(性=汚いこと)、自分の中でトラウマになっていました。
矛盾しているかもしれませんが、その中でも自分の中に性欲というものがあるんだなと感じ.......女性用風俗というのを検索してムツゴトさんを知りました。
まだ利用させて頂いたことはないのですが、ブログを拝見させて頂き、世の中に性のトラウマを抱えてる女性はたくさんいるんだなということを知りました。
それと、まだお会いしたことないのに少し照れてしまいますが、人の暖かさというのを感じ、涙が出てしまいました...。
こんな感情になったのは初めてです。感謝しています。
これからも応援しています。
長文になってしまい申し訳ありませんm(_ _)m
初めまして。いつもブログを興味深い拝見させていただいてます。
実は私は男性です! カオルさんのブログで男性読者がいるのはもしかしたら珍しいかもしれません。私がムツゴトのサイトを知ったのはほぼ偶然でしたが、カオルさんのブログを読んで、本当に目から鱗というか、衝撃的というか、考え付くこともないことばかりで、いかに男性が女性を理解できていないかを知らされました。
日本の女性は性に対して控えめであるべき、という男性に都合の良い社会通念に洗脳され、たくさんの女性が心と体にわだかまりを持っていることは、瞬間湯沸し器のように単純に沸いて出して終わり、という性欲しか持ち得ない男性からして、なかなか想像できない部分です。過去にお付き合いした方もそんな思いを強く持っていたのではないか、と考えると何がとても恥ずかしい気持ちになります。
カオルさんの思慮深さと、これまでの経験から培われた思いを元に、女性へ差し伸べられる手は、これからますます必要とされることでしょう。
私自身の現状は、あまりにもの資質のなさに茫然自失であり、中高年の今でなくもっと早く多少でも気付くことができていたらなあ、という思いです(笑)
Sayaka.ikameshiさん
こんばんはカオルです。ブログを読んで頂いてありがとうございます。温かいメッセージを頂いて本当に嬉しく思います。
本当におっしゃって頂いた通りだと思います。
多くの女性は性に関して矛盾をしかたなく飲み込んで生きている。。この仕事を通じて、僕はそのことを知ることができました。女性の方が性的な部分を開放することができれば、生き辛さも少しは軽くなるのではないかと思います。
綺麗事かもしれないけど、そういうことにもっと貢献できればいいのにと考えています。またご意見いただけると嬉しいです。重ねてありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。