/第20回/眠れない夜に"いいね"

深夜のインスタ、今日1日のみんなの投稿を遡っては半ば義務のように"いいね"を押していた。

新木優子ほんと可愛いなぁ。

あの子、昨日誕生日だったんだ。

またアイツ平日なのに彼女とディズニー行ってるよ。

1番上、最新の投稿まで見終えて3時過ぎ。
ポッと下にスクロールして更新したら、

42秒前の新しい投稿が。

元カノだ。
相変わらずお洒落だなぁ。
いつも男に撮られたような写真ばっかりあげやが

もっとみる

さよなら、イチリンソウ

あの花の残り香はとうに褪せて、今部屋に立ち込めるのは悲しい煙の臭いだけであった。

私は右手には煙草を左手にはバイト帰りに購入してきた缶ビールを握りしめていた。部屋は散らかり教材とゴミが混ざりあって私の探し物は見つからないのも仕方ないと言えるものになっていた。この状況を作り上げたのは他でもない私であって責め立てるべき相手も私のみだった。彼は悪くない。

私はそそくさと立ち上がり部屋の明かりを閉じる

もっとみる

好きだもの

それを聴き終えたとき、彼女の顔が浮かんだ。

小説よりも軽いけれど、五線譜に表せるほど薄くもない。
音楽らしくないそれがやけに耳と心にやさしくて、いつのまにか落ちてきていた瞼を再び持ち上げたとき、彼女の顔が浮かんだ。
そしてきっと、これは彼女も好きだろうとおもった。

好きな人に、自分の好きなものを好きになってもらいたい。好きな人は、好きなところだけみていたい。

私は、そんな自分の我儘に気づかな

もっとみる

オナ禁57日目

どうもキンヨクンです。

ああ。かわいい。美人。

さて、今日も女性はステキですね。

オナ禁をしていると不思議なことがあります。

綺麗好きになります。
潔癖症になります。

それを不便と取る人もいるかもしれません。

でも美意識が高まることで清潔感につながるので
絶対的に良いことだと思ってます!

キンヨクンは最高過去に120日くらい
オナ禁を続けたことがあるんですが

そのときはもう女性に興

もっとみる

初体験

「初めてなんだ」と僕

「大丈夫、任せて」と彼女

「あっ」と僕

「もう、こんなに」と彼女

「もうだめかも」と僕

「もう少し」と彼女

「もういくよ」と僕

「我慢して」と彼女

彼女の手の中で

どんどん大きくなってゆく

こんなになったのは初めて

「やっぱり行くよ」と僕

「そうね。その方がいいかも」と彼女

「内科かな外科かな?」と僕

「たんこぶは外科でしょ」と彼女

僕のたんこぶ

もっとみる

【小説】638円(税抜き)①

2週間近く洗濯物が外に干されているのを目にしていない。
眩しくすることもなく、鬱々とした気持ちが煽られるような朝に、窓を滴る雨水を見ながらぼんやりとそんなことを思った。
布団から出ることなく、しばしば窓を眺めていると、iPhoneのアラームがなる。
どうやらいつもの起床時間よりも早く起きていたらしい。

慌てて停止ボタンを押し、なんとなくそのまま窓を眺めていた。
いつまで雨なんだろう。
うつ伏せ

もっとみる

保育士の女の子

ホンマにめちゃくちゃ勝手なことで、個人的な、本当に個人的な偏見に満ちた戯言なんですけど、

僕、保育士の女の子、、、嫌いなんです。

いや、別に保育士の女の子もお前のことなんか好きになるかぁ!ってな話なんですけど、僕、保育士の女の子ダメなんです。

保育士の女の子なんて、世の男性からしたら結構良いイメージあると思うんですよ、優しい感じするし。

で、そんな保育士の女の子に、「なんで保育士になろうと

もっとみる

誘いづらいところに誘いやすくなる究極の言葉

今回は、誘いづらいところに誘いやすくできる究極の言葉をご紹介します。

例えば、『ホテルに行こう』と言ったり、『ウチくる?』と言った言葉は異性に対してなかなか言いづらいものです。

そこで使える言葉を2つご紹介します。 

・◯◯やりに●●行こうよ
例えば、ホテルに誘う場合、「カラオケしにホテル行かない?」や「なんかすごいおしゃれなルームサービスあるホテルあるからそこ行かない?」などと誘えば、目的

もっとみる

同じ時間を生きられるだけでうれしいなって思ってるよ。

長らくアメリカと日本で遠距離恋愛をしていた。

時差は13時間で、お互いに社会人だったから
1日に連絡を取り合える時間は1時間ちょっとくらい。その24分の1を楽しみに毎日生活していた。

けれども今月からわたしがワーキングホリデーでトロントに来たから、2人の間の時差は0になった。

同じ時間帯を生きられることが当たり前じゃなかった私たちはこれがいまだに新鮮でならない。

だって今でも同じ朝なのに「

もっとみる

趣味のない(?)彼女をサッカー沼にはめる作戦ーノエスタに行ったぞ編

こちらが前回の記事。

これの続編です。笑

1.思い出のまとめ

とりあえず事前に、彼女にこの動画のURLを送りつけた。

イメージ図(笑)
とりあえず西大伍は覚えてくれたらしい←

そして当日。
朝が苦手なので少し心配でしたが、ちゃんと起きれました(ハードルの低さ
それでも楽しかったと言ってくれたので、最低限のノルマは達成したかな(ハードルの低さ×2

まずは阪急某駅までバスで移動して、予定通

もっとみる