中村勇太 ヴァイオリン

ヴァイオリンのレッスンや奏法、幼児教育についてつづります。 Official Web https://nakamurayuta.com SkypeレッスンCafetalk https://cafetalk.com/tutors/profile/?id=19411&lang=ja
固定されたノート

練習ってなんでしょう?②

先日、練習って何をするんですか?と友人に聞かれました。 
みなさんならなんて答えますか??
 
僕なりの答えだと…
 
練習はより良い方法を見つける時間(あるいは見つけられた時間)で、
それ以外は準備作業とトレーニングじゃないかと思います。
 
具体的に挙げれば…
 
単純に音を読んで、指を覚えて、弓を覚えて…は単なる準備作業で、
 
いい姿勢で、いい音でヴァイオリンを弾くと…いうのはトレーニング

もっとみる

練習ってなんでしょう?

練習というのは毎日しなければいけないものですが、具体的には何をもって練習というでしょうか?

音を出していたら練習でしょうか?
曲を弾いていたら練習でしょうか?
音階を弾いてたら練習でしょうか?

仮に「自分が思うように弾ける」ようにするのが練習だとすると、まず、自分の左手そして右手、音程、ヴィヴラート、なにより緊張感も...あれもこれも本番の環境以外全部をコントロールできるように管理する時間、だ

もっとみる

レッスンでどう変わる?何が変わる?

レッスンで何が変わるか、といって具体的に挙げ始めたらきりがないと思うのですが、今日のレッスン風景より一言。

「前奏を弾いてみて!」

「間奏も弾いてみようか?」

小学校六年生の彼女は今日しっかり暗譜で弾いてくれました。

多くの場合みんな自分のヴァイオリンパートに必死で、全体像をみることを忘れ、曲の流れや音のベクトルを捉えられなくなりがちです。

実は半年近く前、彼女のレッスンのとき、別のコン

もっとみる

情操教育ってなんでしょう?

その日のお稽古で音に元気がなかったら、子どもは子どもなりの事情があるわけです…まったく同じ気持ちを共有することはテレパシーでもない限り難しいですが、なるべくその子の気持ちに近づきたいとは思います。事情も裏表真ん中をきちんと整理して向き合わないといけません。

音楽の勉強だけして子どもに教えられるわけじゃない。教員免許があったところで、実習程度でわかるものじゃない。

音楽教室の先生を目指す学生がい

もっとみる