名仁川るい(ナニガワルイ:成人向け漫画家)

高3の時にパニック障害を発症し、22歳まで半療養生活を送っていたが、成人向け漫画を描くようになってから何故か体調が回復した人。 必要最小限のストレスで機嫌良く暮らす方法を日々模索しています。宮城県在住。双子座。AB型。 noteは主に「口語体の独り言置き場」。のんびりやります。

散歩しながら考えていた事。

桜まつりが終わったのとほぼ同時に地元の桜は一気に花弁が散って葉桜になった。

桜の見頃に合わせて、こちらがまつりを開催しているようでいて、実のところ桜側が人の立てた予定に合わせて咲き方を調整していたようにも思えてくる。

というより実際そうなのかもしれない。

人のどんちゃん騒ぎと『酒供養』を聞きながら、

発泡酒と屋台の香りを吸い込みながら、

深夜になって人の帰り足が増えていくのを感じながら、

もっとみる

A先生は結婚したんだろうか。

もうすぐ元号が新しく切り替わる。という事で地域に根差したニュースとして取り上げられるんだろうなと思う二つの事柄についての話がしたい。

ずばり、新元号最初に提出される出生届と

婚姻届についての話。

個人的に婚姻届については「元号が変わろうが変わるまいが、別れるヤツはすぐ別れるだろうよ」とひねくれた観点でものを見る癖があるのだけど、

それをいさめる人格もそれなりに存在していて「いやいや、こうい

もっとみる

お前の背中は俺が支えてやる。

一年ほど前の事だったと思う。

親と些細な事で文句の投げ合いになり、家に居づらくなった。

開き直ってくつろげるほど私の肝は据わっておらず、落ち着いて原稿を進めるには気が散りすぎていた。結果、黒いリュックに財布とスマホだけ突っ込んで、寒風吹きすさぶ午後の薄暗い道を、私は歩く羽目になった。

勝手に出て行ったのは私なのだが、歩けば気が紛れると解っていたんだと思う。

基本的にどんな状況でも、歩く時は

もっとみる

香気に酔う遺伝子。

昨日、

庭の金木犀(キンモクセイ)の枝が道路側に張りだしてきたので

母が枝を一本切り、それを仏壇の花瓶の花と一緒に飾り直した。

彼岸の入り日である。

午前、お供え物を買いに近所のスーパーに母と行き、花と梨とブドウを買い、目についたのでパイナップルも買い、

結果として昨日から、仏間は芳醇な香りに包まれている。

仏間。

私は毎晩仏間で寝ている。

現在、ワケあって自分用の個室を持っていな

もっとみる

『素地』を整えること。トライアンドエラー。

9月も後半という事で、ちょっと今夏の振り返りをしようと思います。

パニック障害を発症してから、これは毎年の事なのですが、必ず夏にはバテバテにバテていました。

食欲もなければ起きる気力もなく、午前10時から午後4時あたりまでの気温が厳しい時間帯は蓑虫みたいにじっとしていて、去年もおととしも、だから8月は仕事を休ませてもらっていたし、今年もそのつもりでいたのですが、

しかし今年は事情があって、そ

もっとみる