naofumit

Founder, CEO of Goodpatch Inc. 東京、ベルリン、ミュンヘン、パリにオフィスがあるデザインカンパニーの社長です。 Goodpatchのpは小文字です。

Goodpatchがクライアントワークを続ける理由

先日、あるイベントで対談した若手スタートアップ起業家からこんな質問をされた。

「土屋さんは、なぜGoodpatchでコンサルのような仕事(受託)を続けようと思ったんですか?」

おそらくこの質問の背景として、出資を受けたら受託は止めて(もしくはVCに止められて)、自社サービスにフォーカスする会社がほとんどだし、スケールしないのに出資を受けているのになぜ受託を続けているんですか?という意味合いだろ

もっとみる

カルチャー崩壊と再構築。 Goodpatchが取り組んだ組織デザインの2年間 - 後編

Goodpatchの組織とカルチャー崩壊からの再構築までのストーリーを描く記事、後編です。前編をまだ読んでない方はこちらから。

流れを変えた17年新卒カツキのプレゼン

2018年に入りましたが、まだ会社には閉塞感が残っていている状況でした。そんな時に会社でオースティンであるSXSW2018への参加資格を掛けて、希望者が自分の持つデザインノウハウのプレゼンをして、全社員の投票でオースティンに行け

もっとみる

カルチャー崩壊と再構築。 Goodpatchが取り組んだ組織デザインの2年間 - 前編

会社組織を運営していく上で企業文化の重要性は多くの経営者が理解している事かと思います。僕ももちろん起業前から企業文化が一番の差別化ポイントになると理解し、会社運営をしておりました。

創業期から毎日の朝礼、朝礼ではLTと英語でのカンバセーション、毎週月曜日のプロジェクトレビュー、オープンでフラットなコミュニケーション、グローバルコミュニケーション、チームでデザインする、デザインに対してのディスカッ

もっとみる

Goodpatchを作って7年を価値観で振り返る

このブログはGoodpatch UI Design Advent Calendar 2018の最終日の記事なのだが、早速25日には書き終わらないペースで書き始めている。

どういう事を書こうか迷ったが、Gpのみんながとても価値あるブログを残してくれているので、自分は誰かに向けて書くわけではないポエム的なサムシングを投稿したいと思うので、何か価値のある内容を期待する人は期待値を下げておくことをおすす

もっとみる

デザインを支援するスタートアップが決まりました。

前回のnoteに書いた「デザイナーがいないスタートアップを支援します。」企画の進捗をnoteに書きたいと思います。

応募総数58社

2月末に募集した今回の企画ですが募集期間の2週間で60社近い応募が集まりました。ご応募いただいた企業の皆様、本当にありがとうございました!予想以上の反響があり、僕も正直驚いています。そんな嬉しさもありつつ、デザインの力を必要としているスタートアップがたくさんある現

もっとみる

デザイナーがいないスタートアップを支援します。

僕がグッドパッチを創業したのは2011年9月ですが、この6年半でスタートアップシーンは大きく変化しました。投資家の数は急激に増え、企業も積極的にスタートアップに投資をするようになり、資金調達額は昔なら1億や2億で大型調達だったのが10億以上の資金調達も珍しいものではなくなりました。
今の日本は起業家にとっては本当に良い場所になったなと感じます。

グッドパッチはUI/UXのデザイン会社でもあり、資

もっとみる