眠る前に読む小話

寝る前の気分転換になるようなショートストーリーを投稿しています。

異国でみるべきはツイッター?インスタグラム?

遠い異国の首都からさらに飛行機を乗り継いでたどり着く街で宿をとる。

「とれるチケットならどこでもいい」と考えた旅行だったけれど、思ったよりもワイルドな街に降り立つことになった。英語もうまく通じないし、そもそも空気だって日本と違う。水が国によって異なるように空気だって国によって異なるものとなる。アジアの島国に降り立つ時に南国の匂いが鼻孔を驚かせるように、異国の空気は肺を驚かせる。「なんかきたよ」と

もっとみる

テクノロジーで花見はどう楽になった?

テクノロジーによって我々の生活はとても便利になったと言われるけれど、実際、便利になったものは少なかったりする。花見なんて、なにも便利にならない。

たとえば、週末に花見を予定したとして、「週末の天気は?」と簡単にインターネットで調べられるようになったかもしれない。ただ、昔から、177に電話をすれば、天気を知ることはできた。

花見の撮影がスマホでできるようになったからって、撮影は昔からできた。イン

もっとみる

セレンディピティとは

「ね。セレンディピティって何」と、女が尋ねる。

ベッドの上で携帯を見ながら気だるそうに男が答える。

「偶然の出会いってやつだよ」
「人との出会い?」
「人にも限らないんじゃないかな。仕事とか、探してるものとか」
「いじめられている亀を探してたら、亀と出会う。これもセレンディピティ?」
「竜宮城に行きたいの?それとも何かの比喩?」
「セレンディピティのことが知りたいのー!」
「その単語、どこで聞

もっとみる

ツイッターで事故死を演出する男

ツイッターで死を演出するということを楽しんでいた。

たとえば、「このアニメが好き」という設定の人物を作る。そして、その設定に合わせたプロフィールを作り、ツイートを始める。そのアニメのことをつぶやき、そのアニメが好きそうな人をツイートする。食事や週末の遊び方も練り上げて投稿する。

そして、同じようにそのアニメが好きそうな人をフォローする。コメントする。リツイートする。趣味がある者同士はつながる傾

もっとみる

2人きりの部屋

男がドアを開けて中に入る。続いて女が「失礼します」といいながら部屋に入る。酔っているからか、足元がおぼつかない。

女はブーツを脱ぐのがめんどくさそうに、足のかかとでブーツをける。

男が先に部屋に入る。「コートかして」と男が女からコートを受け取る。ハンガーにかける。

部屋に入ると女が言う。「わぁ、キレイにしてるのね」

「Alexa、ジャズをつけて」と男が言うと、「はい、わかりました」という声

もっとみる

14106と言って

「14106」という言葉が世の中を騒がせるころ、僕は高校生だった。そして初めてのデートを経験することになった。

当時は、ポケットベルという数字を送り合う端末が登場し、学生たちはこぞって持ち始めた頃だ。それまでは、デートの誘いは、相手の実家に電話をしなければいけなかった。誰しも「親に電話を切られる」という洗礼を受けていたものだ。

愛しているという意味を込めた「14106(この数字の読み方を語呂合

もっとみる