SNSの特性を考える

SNSは双方向性だと言うけれど、自分が意志を以って「双方向」を心がけないと形式だけは双方向でも実際は「一方通行」となりがち。

例えば読者、フォロワーでもそちら側から何らかのアクションを起こさぬ限り、「閲覧」だけという一方通行が出来上がる。

「双方向」だけどそれぞれが「一方通行」になっていて、そこには中央分離帯のようなものがあって接触効果が起きにくくなっている。見えない膜のようなものが出来てしまう。

そういった関係だと読者はひっそりといなくなっても発信者には解らない虚しさがある。そもそもこの「発信者」「読者」という関係が「双方向」なのかどうかも考えると深みにはまりそうなくらい難しい。

「相互フォロー」をし、なおかつ一方通行の応酬にならないようそれぞれがアクションを取ってその存在を認め合う。

これだとしっくり来る。

まあ実際は「SNS」という言葉に合わせて物事を考えただけで、私もあなたの行動も自由は担保されている。

SNSってこうだよね!こうでなければSNSじゃないよね!?

そんな言葉に縛られて苦しくなるくらいなら「自由」なアクション、活用法を採っていけば全然良いのだけどね。

楽しいのが一番ですね!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもご訪問、お読み頂きありがとうございます。 すき(ハートマーク)を押して頂いたり、コメントやSNS等にシェア、サポート頂けると励みになります。サポート、応援頂いた分は必ず、活動する中でみなさんにお返しして行くことが出来ると思います。今後もお付き合いを宜しくお願い致します。

精神力が少し回復しました!有難うございます!!
6

神屋伸行

様々なアイディア、考察、ネタの種(旧その他)note

私のnoteまとめ 思索/思考/心理/キャリアなど 分類できないもの/有料マガジン以外のもの 全てを収録します! 雑多なだけに宝庫かもしれませんよ!?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。