世界観を引き継ぐTPS

本日レビューするゲームはこちら

** 絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode**

スパイクチュンソフトから発売されたダンガンロンパシリーズの外伝

プレイヤーは主に主人公である苗木こまるやジェノサイダー翔を操作し、並み居るモノクマを撃破しつつ目的地を目指していく。スタートボタンでマップをはじめとする各種メニューが選択できる。目標地点はマップ上で「NEXT」と表示される。

もっとみる

第4話:四月のメイドさん

【前回のあらすじ】
 誘拐犯の船に乗り込んできた白髪の男は、「当たり屋」であることを悪びれることなくオカシラたちを脅迫する。行き過ぎた態度から、ついには戦闘となるが――。

 白髪の男を四方から取り囲んでいたチンピラたちは、突然の嵐に動転してまだ身動きが取れない。

 だが嵐の止む気配は一向になく。
 まるで本物の竜巻のように男は回転した。
 突き出されたブーツは凶器となり、棒立ちになっていたチン

もっとみる

閃光のバレット3

三.竜息づく魔都にて9

「……じっちゃん……」
「まあ、わしらが使う宛もないしの……分解して貰って役に立たねえ代物になっちまった方が、下手に狙われずにすむかもしれんな」
 頭を下げた閃光をじっと見つめていたフーリャンは、不意にぷかり、紫煙の輪を吐き出しながら品定めするようだった視線を伏せた。香炉を手に取り、
「いつか壊れる形あるものを、後生大事に抱えてるのは滑稽かもしれん。だがの、あいつらが守ろ

もっとみる

閃光のバレット3

三.竜息づく魔都にて8

「何……推測と言うのも烏滸がましい話じゃよ。こんな辺鄙なところでもネットワークは活きておる。わしはテレビは好かんが、ニュースは見るでな。さっき飛行船事故の速報が最速で出ておった」
「…………」
「李伯龍が香炉の展示会を行うことは聞いていたからの。その後でフーシャオが客を連れて来たとなれば、普通なら考える流れじゃろう。その子は優しいが、おいそれと誰にでもここまで手を貸してや

もっとみる

閃光のバレット3

三.竜息づく魔都にて7

 ネオンよりも星明かりの方が多い。しかし、近年急成長した中華帝国は環境汚染が世界的にも問題視されている通り、スモッグでそれらも霞んでいた。
 建てつけの悪いドアを開けると、そこはもう目の前が作りつけの台所と居間が広がる居住区だ。夜半遅い時間にも関わらず、フーシャオの祖父は木製の椅子に腰かけて本を読んでいた。がたがたと騒がしい物音を立てながら帰宅した孫に視線を上げるも、その

もっとみる

閃光のバレット3

三.竜息づく魔都にて6

 待ち合わせの場所に既に来ていたロキは、些か居心地が悪そうな佇まいで屋台の一角に腰を下ろしていた。
 何せ世界屈指の多国籍な歓楽街であるシャンハイシティにおいても、彼の長身と金髪蒼眼は人目を惹く。いや、その身に纏う場にそぐわない折り目正しい空気が、掃き溜めの中の鶴のように目立つのだ。観光客でもなさそうだ、となればなおさらだろう。
 袖を引く強引な女性グループに、流暢で丁寧

もっとみる

3の倍数

初めてnoteに「淀ちゃん新聞」としてアカウントを作ったのが2月。

そこから課題がこなし切れず廃刊にしたのが約3か月前。

私は何をやるにしても「3の倍数」で一度アクションします。
あ、「3の倍数で馬鹿になる」人って、どこ行っちゃったんだろう。

「3日坊主で終わるならやめよう」
「3週間やってみて課題をこなせていなかったら考え直そう」
「3ヶ月やってみて楽しめていなかったら切り替えよう」
「3

もっとみる

第3話:白髪の男と美人局

【前回のあらすじ】
 宇宙空間のなかで人身事故に遭遇するという奇っ怪な場面に出くわしたタクヤだったが、すぐにそれが悪質な「当たり屋」であることを察した。怪訝に思いながらも誘拐犯たちは、なぞの男を船内に招き入れる。

 辺境宙域での不審船との遭遇。
 その予兆として担ぎこまれた赤毛の少女。
 謎が謎を呼び、ついには少女の夫を名乗る人物まで現れた。

 ここ数日、タクヤ・ホーキンスの人生は非常事態の連

もっとみる

閃光のバレット3

三.竜息づく魔都にて5

 傍らの細い路地に停めてあったのは、動いているのも不思議なほど古い廃車寸前の軽トラだ。運転席に座った閃光は慣れた手つきでギアを入れ、ぶるりとエンジンを叩き起こした。ガソリンは充分、足回りもきちんと手入れはされている。万が一の時、荷物を積んだ状態でどのくらい馬力を出してくれるかは正直心許ないが、そこはどうにかするしかない。
「こいつ、うちのヤツフサより年寄りだな。正直、よく

もっとみる