野中幸宏

編集者とデザイナーによる覆面書籍レビュー・ユニット。日々喫茶店で珈琲啜りながら、読んだ本の話をしています。講談社BOOK倶楽部&講談社コミックプラスでブックレビュー連載中。https://goo.gl/uZ6HUo

地道な努力では成功しない!? ハッカーと企業家の共通点を盗む本|『時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTS』(著:シェーン・スノウ 訳:斎藤栄一郎)

・小さな成功を地道にたくさん積み重ね、大きな成功にたどり着こうとする。

・自分の実力をひたすら磨き、一人でがんばる。
・とことん考えた自分のアイデアを自分流に発表する。
・何事も全力投球。どんな仕事でも「100点」を目指す。
・どんな環境であっても、すべての案件について個別に努力する。
・新しい商品やサービスで未知の市場を創る「ファースト・ムーバー」を目指す。
・人脈を広げようと、いろいろな人と

もっとみる

【恐怖】憲法はどこへ? 辺野古の人権侵害、権力の独裁、無謀な戦争|『憲法という希望』(著:木村草太 対談:国谷裕子)

講演と国谷裕子さんとの対談で構成されたこの本は、深い内容を読みやすく語った憲法の入門書であり、また具体的な例で法構成(解釈)を解説していかに「憲法を使いこなす」かということを示した出色の1冊です。

講演は“立憲主義”とはなにか、から始められます。
──立憲主義とは、ごく簡単に言えば、過去に権力側がしでかした失敗を憲法で禁止することによって、過去の過ちを繰り返さないようにしよう、という原理のことで

もっとみる

「独立国家」を0円で建てた男──日本を変える、支持率断然!の視座|『独立国家のつくりかた』(著:坂口恭平)

以前紹介した『現実脱出論』が坂口さんの“原理=闘争宣言”だとすれば、この本はそこにいたるまでの坂口さんの“活動報告書”といえるものだと思います。

さて、自らを初代新政府内閣総理大臣と任じる坂口さんの考える“独立国家”とはどのようなものでしょうか。芸術家の考える“夢想”というようなものではありません。

たとえば以下のような疑問に正面から答えようというのが坂口さんが作り上げようとする“独立国家”で

もっとみる

【ヤバすぎる背景】日本の貧困問題・貧困事情はなぜ表面化しないのか?|『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』(著:藤田孝典)

総務省統計局のこのような統計数字があります。

労働力調査(基本集計) 平成28年(2016年)8月分 (2016年9月30日公表)
(1)就業者数,雇用者数
   就業者数は6465万人。前年同月に比べ86万人の増加。21安倍ヵ月連続の増加
   雇用者数は5722万人。前年同月に比べ83万人の増加。44ヵ月連続の増加
(2)完全失業者
   完全失業者数は212万人。前年同月に比べ13万人の減

もっとみる

現自民党の本心はヤバい。安倍政権「反知性主義」で起こる悪影響まとめ|『偽りの保守・安倍晋三の正体』(著:岸井成格/佐高信)

スキャンダラスというか時事的すぎるようにも思える書名ですが、中味は堂々たる保守論、自民党論です。

佐高さんによれば、かつては自民党には二つの大きな流れがありました。
──安倍の祖父の岸信介に始まって、福田赳夫、小泉純一郎、そして孫の安倍と続く国権派の流れがあり、それに対して、石橋湛山、池田勇人、田中角栄、河野洋平、加藤紘一とたどられる民権派の系譜がある。前者に中曽根康弘を加えてもいいが、国権派は

もっとみる

西郷、信長、内蔵助、そして天皇。理想のリーダーから「日本国」を読み直す|『日本人の肖像』(著:葉室麟/矢部明洋)

歴史上の人物を論じる荻生徂徠の言葉に「いり豆をかじりつつ古今の英雄豪傑を罵倒するは人生最上の快事である」という有名なものがありますが、「罵倒」はさすがに徂徠ほどの学識がないと……とは思いますが、「歴史上の人物」は良きにつけ悪しきにつけ私たちの“鑑”ではあるのかもしれません。

この本は、壬申の乱後の「女帝の世紀」から明治の「西南戦争の西郷隆盛」まで10数人の歴史上の傑物を縦横に語った第一部、さらに

もっとみる