のののんママ

発達障害のある小学生の娘2人の母です。日々のことを書きながら、『発達障害』という名称の認知だけではなく、その当事者と家族の生活や悩みや喜びをたくさんの方たちに知っていただけたらと思います。同じ悩みを持たれる方たちにも、共感や安心感をお届けできたらいいなと思います。

自閉スペクトラム症の感覚過敏と鈍麻

今日のタイトルはなんだか小難しそうでしょ(笑)
もっとラフな感じにしたかったんだけど、いいのが思いつかなくて。
これが一番直球で伝わりやすいと思ったのでした。

タイトルが小難しそうだからって、内容までそうとは限らない。
何故なら書いてるのが私だから(笑)
だって私はただの『発達に障害のある子供の保護者』。
バリバリの専門家じゃない。
でも、保護者の目から見た、家庭内の『困った』って、実はいろんな

もっとみる

キラキラの魔法

日差しがすっかり秋めいてきて、私の好きな色合いの日差しになってきました。
降り注ぐ秋の日差しの色合いをただぼんやり眺めているだけで、懐かしい気持ちになったり、ほっこりしたり、凄く癒されます。

この秋が過ぎると、街はクリスマスカラーのなっていきます。
今はハロウィングッズ一色のスーパーや雑貨店も、11月からはクリスマス商戦。

で、これは遊園地や街並みもそうだったりするよね。

前の記事にも書いた

もっとみる

私の仲間

我が家は子どもが女子2名。
長女は小さいころから『乙女』でキラキラ・フリフリ大好き!
次女はガテン系で戦隊もの・ライダーものばっちこい!だったけど、流石に小学校の3年生ともなればちょっとは女の子っぽい趣味も出てきたりするんですね。

で、今年度は2人揃って占いを毎日チェックしてるんですよ。
なにこれ、女の子してるじゃない(笑)
なんて思ってたら、次女。

「私の仲間の伊勢海老は?」

「君は伊勢海

もっとみる

明日もこの笑顔に会えることが嬉しい!

天災続きの日本列島。
今年度は私が住まう地域も地震・台風・大雨と小学校が休校になることが多い。
発達に障害がある我が子たちは、環境の変化や突発的な出来事に弱いし、長く休みが続いたりすると学校に行きづらくなってくる。

で、長女は最近楽しそうに学校に行くんだけど、次女は1学期から相変わらず、1週間のうち4日間は自宅休養してるんだよね。
そこに休校が入ってくるから、本当にこれアカンわって状態になってま

もっとみる

”天災”を経験する

今年は天災が多いですね。
台風21号に北海道の地震と、また立て続けにありました。
この災害で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。

私も台風被害にはあっており、生まれて初めて「台風怖い!」と思いました。
それくらい、あまり台風被害にあうことのない地域で生活してきたんですね。

窓ガラスが風で勝手に割れるかもと思うような暴風は、私も娘たちも初体験。
ベランダの取り付けタイプの物干し台が風で持

もっとみる

ほっとするから抱きしめて

うちの子ども達は、「ぎゅーして!」と言いに来ることが多い。
もっぱら次女の言葉だったけど、最近は長女もハグしてもらいに来るようになった。
これが言えるようになったってことは、甘え方を少し勉強したのかなと微笑ましく思ってます。

『微笑ましい』レベルを超えてるのが次女の「ぎゅーして!」の頻度なんだけど、今は30分に1回くらい。
一番頻繁だったときは5分に1回という頻発ぶり(笑)
小学校入学直前がこの

もっとみる