脱サラした漫画家1年生。来年の目標。

脱サラして、漫画家1年目のかっぴーです。

2016年は、人生で一番いろいろありました。

いま思ってる事と、来年の目標。読んでくれると嬉しいです。


1)2016年の振り返り

・3月、脱サラし「株式会社なつやすみ」を創業

・4月、週刊SPA!で「バズマン」連載開始。朝日新聞の取材

・5月、NHK WORLD 出演

・6月、FINE BOYSで「いつか絶対おっさんになるキミへ」連載開始

・7月、「SNSポリスのSNS入門」「おしゃ家ソムリエおしゃ子」発売

・8月、「左ききのエレン」電子書籍1・2巻が発売

・9月、TOKYO FM 出演

・10月、週刊SPA!「バズマン」増ページ

・11月、「左ききのエレン」電子書籍3・4巻発売

広告案件や雑誌寄稿などを含めると、2000ページくらい描きました。


2)直感を信じる

自分の中で幾つか気付いた事があります。

ひとつは、自分は計算高い人間だと自己分析していたんですけど、「思ってたより全然計算で生きてないな」って事です。「直感」で生きてる。

一浪の受験前日に、塾の先生が「お前は考えると絶対に間違える。直感で解け!」と暴力的なアドバイスをくれました。

ぼくが半ば怒り気味に真面目なアドバイスを要求すると、「頭の片隅に理解しきれないまま残っている情報に基づく閃き、これが直感だ。お前はそっちに頼った方がいい(バカだから)と真顔で諭してくれました。

嘘みたいな本当の話、直感に任せたぼくは練習問題の時より20点高い点数で合格しました。

以降、自分の直感はある程度信用して生きています。この1年を振り返ってみても、要所で直感に頼った自覚があります。

というのも、計算高く勘定ができるなら、ぶっちゃけ今年プチ金持ちになる方法あったと思います。割の良い広告漫画をどしどし受けて、SNSバブルにあやかる事もできたと思いますが、気が進まなかった。

>左ききのエレンは赤字です

最初は「オレって甲斐性ねぇな」とか思ってたんですが、最近になって、やっと控えようと判断した直感の意味が分かってきた気がしています。

ちょうど「左ききのエレン」が盛り上がってきた、たぶん9月頃に「欲」が出てきていたんです。

この「欲」はマズロー的にいうと一番上の「自己実現」

つまり、「技術向上」に対する欲です。

アホっぽく言うと「漫画、上手くなりてぇ」とか思っちゃった。


3)もっと面白い漫画が描きたい

たぶん、ぼくは漫画家デビューしてからしばらく格好つけていました。格好つけるというか、わざと(画風と同じ様に)ラフに見せようとして「いやいやSNSバブルでポロっと出てきた人間なんだから、ガチになったら格好悪いでしょ」とか格好つけてた。

ガチでやって失敗するのがダサいと思って、どうせブームなんだから飽きられたら静かに退場しようと思ってた。そこでジタバタするのダサいって。

でも、「左ききのエレン」の連載が進むと、本当に作品を楽しんでくれてる人がいるって気付いて、ぼくは何を半端な気持ちでやってるんだって。恥ずかしいけど、すっかりその気になってしまった。でも、半端にやる方が恥ずかしい。こんなチャンス、無いんだから。

斜に構えて生きるなら、始終計算に徹するべきだし、金儲けに走るべきだし、漫画以外の収益源を確保すべきだと思うんですけど、もうそういうのはどうでも良いと思うくらいに「漫画、上手くなりてぇ」って思ってる。

ここで言う「漫画」には、もちろん「原作力」も含まれます。「作画力」に対する努力は今後も惜しまない所存ではありますが、現実的に考えてより多くの人に受け入れられる作品をやるなら原作者になるべきだと思ってます。

だから、良い原作をつくる事も込みで「漫画、上手くなりてぇ」です。

まだまだ下手だけど、少しづつ見やすくはなってるはず…。がんばります!

面白い漫画を描くために全力になりたいと思えたのは、この1年で出会った人たちのお陰です。ちょっと目立てたお陰で、普通に生活していたら接点が持てない「本物や」って人たちと知り合う事ができました。

お名前をスペシャルサンクス的に挙げ始めるとイヤらしいので控えますが「あれ、自分かな?」と少しでも心当たりある方はきっと含まれてます。ありがとうございます。

あとは、もちろんいつも読んでくれてる皆さんのお陰です。

本当にありがとうございます。


4)2017年の目標

有難い事に、ここ1年でいくつかの漫画雑誌の担当編集がついてくれたので、来年は、子どもの頃に夢中に読んでいた様な漫画雑誌に耐えられる漫画原作をつくりたい。

1年の半分は、ネームを描く時間に費やしたいです。

映像化のオファーが来る事が2016年の目標だったんですが、オファーはたくさん来たので一旦置いておくというか、天に委ねます。映像化は運の要素も大きいので。2017年に実現すると嬉しいけど。

なので、取り留めも無い話になっちゃいましたが、

2017年は漫画雑誌での原作者デビューを目指します。

もっと漫画、上手くなりてぇです。


弊社、株式会社なつやすみの社訓は「忙しく、遊ぶ。」です。

>面白法人カヤックを退職し、なつやすみ始めます。


2017年も、真剣に遊びたいと思いますので、ぜひ一緒に遊びましょう。

これからも宜しくお願いします。

========================
Facebookページ: https://www.facebook.com/kappy1100/

ツイッター: https://twitter.com/nora_ito?lang=ja

========================

現在連載中の「左ききのエレン」は、こちらで3話(と最新話)までご覧いただけます。ぜひ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートも嬉しいですが、よかったら単行本を買ってください!

84

かっぴー

コメント6件

左利きのエレン、ニューヨーク編になって俄然凄みが増してきました。画力にだと思っていたので、今回の件を読んで原作に注力なさっていくのはもったいない気が...。あ、素人の私がどうこう言うのは僭越ですが。私からみれば、NANAだって、ワンピースだって、ジョジョだって、進撃の巨人だって変な絵です。漫画家としてご活躍いただければなあと思います。
最後のイラスト、漫画家さんが年末の号で描くイラストって感じで超好きです(;o;)♡エレンかわいい、、
はじめまして!方向性やジャンルは違いますが、共感いたしました★フォローさせて頂きます!!
みなさん、ありがとうございます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。