中学一年生くらいの文法力を今月中に身に付けるのが目標です。と言ったら…

何気ない会話で、

今月中に中学一年生くらいの文法力を今月中に身に付けるのが目標です。

と言ったら、中1文法???は?

なんて話になった。

確かに中学一年生の文法はめちゃくちゃ難しい訳ではない、寧ろ簡単だという人が大多数だろう。私も英語は不得意科目だったが中学一年生レベルの文法であれば紙の上でならできる(これでも家庭教師をやっていたので、教えられるくらいには…)

※会話で使わない はいいす

もっとみる

不器用なヤマアラシ:5-4(栗田幸弥19)

森鷹の住んでいた部屋には、最低限の家電や家具は置きっぱなしだった。俺が住むことを前提としてそうしたのか、処分する暇がなかったのか。たぶんその両方だ。

 俺は森鷹の意図した通り、自分の部屋から日用品だけ持ち出して、森鷹の出て行った部屋で生活するようになった。物置き状態になっている自分が住んでいた部屋は、別に引き払っても良かったのだが、そうすると森鷹に借りをつくってしまうような気がして嫌だった。それ

もっとみる

不器用なヤマアラシ:5-3(桧山月見20)

本当はわかっていたんだ。リュウの考え。

 人は何かを得るために、それに等しい価値を持つ何かを手放さなければならない。私は迷ったまま、ずるずると生活していた。絵を選ぶか、リュウを選ぶか。そして、リュウはそんな私を見かねて決断させた。強引に私に絵を選ばせた。

 それをリュウの愛情だと素直に受け入れられたのなら、どれだけ楽だろう。リュウのことを忘れて絵に打ち込めたのなら、どれだけ楽しいだろう。でも、

もっとみる

【本】自分の「才能の見つけ方」

才能=性質×武器

性質)共感性、論理性、創造性

武器を持たない人に才能はない

武器の選び方

1、自分の性質にあった武器

2、需要がどれくらいあるか

3、武器の使い方を練習する

武器は実際に使わなければ意味がない

才能を見つける3つのステップ

1.才能=性質×武器

2.性質にあった上で、需要が見込める武器

3.武器の使い方を練習&結果にコミット

【本】人間関係を劇的に楽にする方法

苦手な人との人間関係

共感性 人の感情や、その場の空気を読める

論理性 論理的に物事を評価する性質

創造性 誰もやったことないような革新性に価値を見出す

自分と相手の性質を知ること

性質が違うだけ

カラーバス効果を防ぐ

相手へのアプローチをコントロール

好きで仲良くしたいけどうまくコミニュケーションが取れない

男と女

論理性vs共感性

人間の3つの性質

自分の性質と相手の性

もっとみる

【本】人を動かす D・カーネギー

1.批判も避難もしない、文句も言わない

相手への伝え方

事実→事実に対する自分の感情→相手の意見に対する質問

2.素直で誠実な評価を与える

相手の重要感を高める

人の長所に目を向けて誠実な評価

3.人の立場に身を置く

自分が欲しいものではなく相手が欲しいものを用意すること

人を動かす3つの原則

1.批判も避難もしない、文句も言わない

2.素直で誠実な評価を与える

3.人の立場

もっとみる

表現の不自由展についての美大生意見交換

※有料記事の、無断印刷、コピペはおやめください。発覚した場合ご忠告の上対処させていただきます。

※一部フィクション。作品です。

無料で読めてしまうと、読みたく無い方の目にも止まってしまうので有料という形にさせていただいております。今後このような記事は有料とさせていただく所存です。申し訳ございません。

あいちトリエンナーレ表現の不自由展について。(意見を求められる事が多いので、ある友人とのDM

もっとみる

あまり投稿してきませんでしたが…

大学1年生の夏から始めたnote。。。あまり更新していきませんでしたがこれから夏休みも始まるので日々の暮らしのこと、学校での課題のこと、好きなことなどいろいろ書き溜めていきたいと思ってます!

(たまーーーーにやってるポートレートモデルの写真もチョコチョコ載せていきたい笑)

日記感覚で進めていくのでよろしくお願いします。

#デザイン
#美大生
#美術
#空間デザイン
#UI
#UX
#デザイナ

もっとみる

はじめました

はじめまして。

とある美大生です。

こういうの書くのって初めてで何から書いたらいいのやら…って感じです。

プロフィールにも記述しましたが、ここはとある美大生が自由にゆるくレポを書いていく、というスタンスでやっていくつもりですので、今回は自己紹介をかねてそこについてもお話をしていきますね。

さあ、ゆるくいきますよ~!

とある美大生とは

え~、まだあまり自分のことを公にする気はないので[そ

もっとみる

令和元年、原爆の日(2)

(1の続き)

2016年の8月15日、私はイギリスにいた。

ロンドン市街に出掛けていたのだけれど、ああそういえば今日日本は終戦記念日だなあと思いながらふと広場に目をやると、数メートルある大きなモニターに、でっかく「VJ」と表示されていて、街もお祭りみたいに賑やかな雰囲気だった。
日本だと、テレビでは追悼式典が中継されていたり、玉音放送を流したり、戦争記録特集が組まれたりして、お盆の時期とも相ま

もっとみる