2018年 沖縄県知事選挙 小泉進次郎氏による応援演説(那覇市 / 9月16日) 文字起こし

 2018年9月13日(木)告示、9月30日(日)投票の沖縄県知事選挙は、玉城 デニー 候補、佐喜眞 淳 候補、渡口 初美 候補、兼島 俊 候補の4人の争いとなった。

 2018年9月16日(日)、小泉 進次郎 氏(衆議院議員 / 自民党 筆頭副幹事長)が、那覇市内において、佐喜眞 淳 候補(無所属 / 新人 / 推薦: 自民、公明、維新、希望)の応援演説を行った。


■ 2018年9月16日(日)昼 小泉 進次郎 氏 演説(文字起こし)

沖縄の皆さん、こんにちは。

(聴衆「こんにちはー。」)

暑い中、本当に大勢の皆さん、ありがとうございます。
こんなに大勢に■■■■ですが、驚いたのは、丁度、隣の所が、今日の、安室奈美恵さんの、イベントのバス乗り場です。
聞いてくれているのかなと思ったらバスを待っているだけでした。

(聴衆「ハハハハハ(笑い声)」)

それでも、立ち止まりながら手を振って、携帯持って、手振ってくれて、今から宜野湾に行くんですよね。
その、宜野湾に市長になったのが、佐喜眞さんですから。

(聴衆の拍手、指笛。)

どうか、今から、宜野湾に行く、安室さんのイベントに行く皆さん、この宜野湾で、佐喜眞さんが作り上げた宜野湾を感じてきて下さい。
この選挙、菅官房長官と、私、初めて街頭演説に一緒に来ました。
それがこの沖縄、それが、佐喜眞淳さんを、何としても、この沖縄を前に、豊かな県にしていくために、応援したい、力になりたい、そして県民の皆さんの力を、借りたい。
その思いから、初めて、実現した街頭演説です。

(聴衆の拍手、指笛。)

本当に皆さん、ありがとうございます。
誰にも思うことはいっぱいあります。
まさか、この、沖縄の知事選挙、そして私が街頭演説、今日来るその日が、 安室奈美恵さんの引退■■■■が行われるとは思いませんでした。
今まで、知事として、本当に命懸けで、ご尽力をされた、翁長知事に対しても、心からの「お疲れ様でした。」を言いたいと思います。
本当にありがとうございました。

(聴衆の拍手、指笛。)

まさかのいうことが、このように、当たり前に起きる時代です。
私は今日、東京から来ましたが、東京は秋のような、そんな天気に変わってきました。
沖縄はまだ夏です。
しかし、もし、私が、沖縄に、雪が降ると言ったら、皆さんは、どう思いますか?
実は、沖縄には今まで、2回、雪が降りました。
1977年、久米島で、雪が降りました。
2年前、名護市で、雪が降りました。
2度あることは、3度ある。
これから、何が起きてもおかしくない、その変化の時代に、誰に、この沖縄の舵取りを、託していけるのか、まさに、この、沖縄の、今までだったら、まさか、有り得ない、信じられない、そんなことは起こりっこない、そう思っていたことが、次々に、起きているのがこの沖縄です。

1つ目、先程、官房長官が言いました。
まさか、沖縄がハワイを超える、観光地になる。
去年、一昨年、3年前、誰が、それを思いましたか?
これからは、それが当たり前になります。
世界の中での観光地が沖縄、日本の中の観光地が沖縄ではなくて、世界の中で、東京が玄関口ではない、沖縄が世界の皆さん、アジアの皆さんにとっての玄関口となる沖縄で、それが、当たり前の時代になります。

(聴衆の拍手)

2つ目の、まさか。
まさか、宮里藍ちゃんが、去年、30代前半で引退をし、安室奈美恵さんが、40歳を期に、引退をする。
まさかと思うけど、これは、沖縄では人生100年時代の新しいモデルが始まったということなんです。
今までだったら、1本のレールで生きて、定年退職されて、そこから年金を貰って、老後を過ごす。
それが、安室奈美恵さんだけでなく、宮里藍ちゃんだけでなくて、プロのスポーツ選手だけでなくて、誰でもが、当たり前に、40歳になったら、また、ひとりひとりの生き方、価値観に合わせた、多様な生き方が、可能となる時代、それを後押しをする政治、それが、今この沖縄から、始まるというのが、まさに今日、安室奈美恵さんの引退の日に、こうやって、知事選挙の街頭演説を私達がしているというのが、今の言いました、「有り得ない」、それが、これからは、当たり前のことになる、そういう政治、そういう新しい、人生100年時代の、沖縄県を創っていくのが、佐喜眞淳さんです。

(聴衆の拍手、指笛。)

最後に3つ目です。
有り得ない、こんなものは有り得ないと思うのは、沖縄は、全国で一番、県民の所得が低いんです。
それを放置してはいけない。
全国、全国で平均で、平均所得は319万円、しかし、沖縄の、県民1人当たりの県民所得は、212万円。
つまり、沖縄の皆さんの、1人当たりの稼ぎは、全国と比べたら、107万円低いんです。
この、107万円の壁を、必ず、乗り越え、それが、佐喜眞さんが知事として、やっていくことなんです。

(聴衆の拍手)

皆さん、思いませんか?
今、宜野湾に行く、バス停に並んでいる皆さんのほとんどは、おそらく、沖縄で投票権が無いでしょう。

(聴衆「ハハハハ(笑い声)」)

それでもいいんです。
だけど皆さん、全国から、理由が安室さんであっても、こうやって沖縄に来て、沖縄のいい所、豊かな自然、そして、優しい人達、美味しい食べ物、歴史、こんなに豊かなのに、何で沖縄の人は、全国の人達よりも、107万円稼ぎが低いのか?
これを、放っておくのは、許せない。
だったら、この選挙、あと2週間、皆さんで、107万円の壁を越える、107万円を必ず、沖縄で、埋めていく。
そのために、全力を尽くしていくのが、佐喜眞淳さんと拡げて下さい。
よろしくお願いします。

(聴衆の拍手、指笛。)

何度も言いますが、沖縄に、3度目の雪が降ると言いました。
何があったっておかしくないこの時代、もちろん、課題はいっぱいあります。
だけど、沖縄の課題を乗り越えたその先には、果てしない、沖縄の可能性と、夢が広がってる。
それを、想像したら、楽しくなってくるじゃないですか。
課題を、楽しく前に進めている、それが、佐喜眞淳さんが言う、「対立を、対話へ変えていく。」、その政治なんです。
皆さんと一緒になって、その、佐喜眞さんが描く、今まで宜野湾の市長として、ひとつひとつを■■■■になって、実績として、政治の現場で、実現力を発揮してきた、この佐喜眞淳さんを、皆さんと共に、最後まで、応援したいといきたいと思っておりますので、皆さんのご支援、心から、よろしく、お願いを申し上げます。

(聴衆の拍手、指笛。)

最後の最後のお願いです。
沖縄にも、雪が降ると言いましたが、票は天から降ってきません。
選挙は始まってます。
どうか皆さん、期日前投票、佐喜眞淳さんに、1人でも多くの皆さん、投票して頂けますよう、お願いを申し上げまして、小泉進次郎からの応援と代えさせて頂きます。
よろしく、お願いします。
ありがとうございました。

(聴衆の拍手、指笛。)

ありがとうございます。

(聴衆の拍手、指笛。)

ありがとうございました。


[小泉 進次郎 氏の演説の文字起こし だいたい完了]

※ 聞き取れなかった部分は、■表示。

※ 誤りのご指摘は、大歓迎です。

※ ご自由に、無断で転載、修正、SNSでの拡散をして下さい。


■ 演説中の語句の登場回数

沖縄:   30回
佐喜眞:  10回
宜野湾:  7回
安室:   7回
雪:    6回
宮里藍:  2回
那覇:   0回


■ 演説の特徴

・ 総じて、抽象論が多かった。
・ 政策的なことは、何も話さなかった。
・ 応援している立候補者の人物像や実績を話さなかった。
・ 政治とはあまり関係が無い、安室奈美恵、雪、宮里藍について話した。
・ 那覇市での演説なのに、那覇市に関する話題が無かった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

お読み頂き、ありがとうございます。 実は、調査・分析して記事を書いたり、文字起こしをしたりするのは、結構大変なんです。 たまに、サポートして頂けると、大変嬉しいです。

ありがとうございます。少しでも何かのお役に立てたのなら嬉しいです。
12

野良放送

さぁ、始めよう。日本国史上、初めての民主制を!

コメント4件

文字起こしありがとうございます。小泉進次郎さんが演説でやたら安室さんの名前を連呼している点、知事選の本来の争点である基地問題に全く触れない点は私も気になっておりました。この記事の内容を参考にしつつ、これらをうまく視覚化できないか私も取り組んでみます。
記事できました。参考情報として、この記事のリンクを紹介させて頂きました。
https://note.mu/jun21101016/n/nd0dd6de56a9b
犬飼淳さん、ありがとうございます。本noteの内容や分析手法は、どなたにも、ご自由に、ご活用して頂きたいと考えております。私も、政治家の発言、能力、思想、政策の可視化について考え、行動していきたいと思います。
犬飼淳さんの小泉進次郎氏の演説の分析は非常に興味深いです。「政治家の演説は、本来、有権者に寄り添うのであれば、有権者の関心度が高い政策的課題について、関連語句が多く出現するはずではないのか?」という視点からの分析です。目から鱗でした。
https://note.mu/jun21101016/n/nd0dd6de56a9b
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。