菅義偉

警察が図書館の貸し出し履歴を収集

[引用元]https://mobile.twitter.com/mititosi/status/1162533744495824899

……図書館で最初に登録するときに、個人情報の取り扱いについての取り交わしはしているんでしょうかね?
図書館利用者ってかなり限られると思うんですけど、デモグラフィック属性的に、公明党、共産党、れいわ支持者とかは図書館使ってる人も多そうで、網にかかりそうではあります

もっとみる

成り行きに任せずに口も手も出したがりの安倍政権が結果的に日産を腐らせる

"日産自動車の95%減益発表について、米 フォーチュン誌の見出しが「Nissan’s Results Were So Bad No One Even Mentioned Carlos Ghosn(あんまり酷くてゴーンの名に言及する者さえなく)」というのには笑えた。
西川氏は5月、状況が底打ちしたと発言していたのだから、責任をとらねばなるまい。確かな話は、西川社長に企業経営についてのなんらのビジョン

もっとみる
スキ、ありがとううございます。フォローもしていただければ幸いです

安倍さんと自公支持者が読めない(以下略)

"また、賛成率が一番低い共産党でも、政府提出法案に53.4%賛成をしております。
「共産党は何でも反対」という発信をされる方がおられますが、過半数以上賛成している事実を客観的に踏まえれば、是々非々の賛否両論で挑んでいるといった表現などが正しいのではないでしょうか。"

[引用元]「野党は賛成ばかりして対案を出し続けている」が客観的な事実

……だいたい、「野党は反対ばかりして……」とか言ってる人の

もっとみる

参議院選挙マスコミ世論調査の生数字

参議院選挙マスコミ世論調査の生数字

2019年7月21日投開票のの参院選。
マスコミが実施した、前半の世論調査の数字がまとまってきた。
その生数字をまとめてみた。
大半の選挙区で、与党、自民党が優勢。32ある1人区でも半数ほどが
ほぼ自民党の勝利が濃厚だ。
そこで、接戦の注目選挙区に限って、マスコミ世論調査の生数字は以下の通り。

※後半の世論調査は後日、掲載予定。

(一覧表の右の数字は、世論

もっとみる

自公支持者にだけ読めない不思議な文章

" アベノミクス三本の矢は異次元の金融緩和と財政のバラマキが大きな柱でした。消費者物価を2年間で2%に引上げるために、市場に供給するマネーを2倍にし、国債の買入れ額も2倍以上引上げるというアナウンス効果で、スタートダッシュはうまくいきました。株安、円高を演出し、その後も、日本銀行に株(ETF)を買わせたり、公的な年金の積立金(GPIF)で株価を支える施策を続け、資本市場のマーケット機能をこわしまし

もっとみる

内閣参事官が「首相官邸」と「企業」を同一視している件

▼前号の続きだが、安倍晋三総理大臣率いる首相官邸が「言いっ放し」で開き直り、自民党から何の抑制もない、という事態が続いている。その一つ。

▼前号では、2019年6月24日付の毎日新聞1面トップ(大場弘行記者)を紹介した。首相の面談記録が作られていないのは、明らかにルール違反だ、と、ルールを作った本人が証言した、という記事だった。

その関連記事が、同日付の3面トップにあった。見出しは

〈首相面

もっとみる

総理大臣が「国家の歴史」を消している件

▼国家の最高指導者が、国家の政策について、誰とどういう話をしているのかを、すべて消してしまっている、という話。

▼2019年6月3日付の毎日新聞1面トップから。「公文書クライシス」シリーズのスクープだ。適宜改行。

〈首相の面談記録、作成せず 官邸、災害対策も〉

〈安倍晋三首相が官邸で官庁幹部と面談した際に、首相官邸が議事概要などの打ち合わせ記録を一切作成していないことが、官邸への取材で明らか

もっとみる

第424回 令和おじさん来たる

1、自民党員でなくても入れます

日頃お世話になっている方からお声がけいただいて

今年も行ってまいりました。

周りはザ・自民党の支持層、といった風体の方達なので

若造の自分は浮きまくりな気がしましたが、まあ誰も気にしていないでしょう。

タイミング的に参院選を始め地方議員・首長の公認・推薦候補の顔見せ的な意味合いが強いイベントですが、それはそれで人間相関図が見えてきて面白いので良しとしましょ

もっとみる

【差別話法】菅官房長官 2019年5月29日午後記者会見

官房長官記者会見での東京新聞・望月衣塑子記者に対する質問妨害の問題。
本記事では望月記者が自ら質問妨害について質問した5月29日午後の記者会見に着目し、菅官房長官の回答を信号無視話法分析する。

✳︎分析結果はYoutubeで公開中
✳︎記事の詳細はハーバー・ビジネスオンラインで掲載

質疑

もっとみる