Magazine

43
ノート

kick FLAG キックフラッグ のwrap bag

幾何学的な線と色の切りかえでバッグや小物をつくられているキックフラッグ。Of the Shopでは定番のものとともに、あたらしいシリーズとなるバッグの試作品のようなものを1点ものとして出品していただいています。

「ラップバッグ」という名前がついた、大ぶりバッグです。キックフラッグの大ぶりなバッグというのは、これまでは展開されてなかったように思います。このバッグは定番のflag bagとはちがい、

もっとみる

POTTENBURN TOHKII ポッテンバーントーキーの 和紙ワンピース

ポッテンバーントーキーの2017春夏のテーマである「カミナルカミナリ 」。このことばを漢字になおすと、「紙鳴る・雷」となります。

コレクションで多く使われていたのは、ポッテンバーントーキーと西脇市にある工場が作られた、和紙を含んだ生地。ドラムから出した状態のなんともいえないシワ感が特徴です。

今回はそのなかでも幅広い方に人気があるというワンピースをご用意いただきました。はじめは、「和紙の生地?

もっとみる

PITECAN THROPUS ピテカントロプス の夕焼けとホチキスのワイドパンツ。

共感の輪をつなぐように、一点一点デザイナーの手でていねいに服づくりされているピテカントロプスから、Of the Shopでははじめてのお取り扱いとなるパンツをご紹介させていただきます。

「夕焼けとホチキスのワイドパンツ」

夕焼けのような赤みのある茶色の幅広なパンツです。かなりゆったりとしたつくりをしているのですが、落ち感のある素材をつかっているので、だらしなくならずにすっきりと履いていただけま

もっとみる

kyoko tsuda キョーコツダ と陶。

キョーコツダのデザイナー、津田恭子さんは東京芸術大学大学院の学生のかたわら、グラフィックとジュエリーのデザインを軸に2015年からブランドとして創作活動をつづけられています。

キョーコツダをはじめて知ったのは、去年の秋に表参道のROCKETというギャラリーで開催されていた企画展「PIECE OF MODE」に出品されていたとき。アクセサリーブランドに多い、ホワイト・シルバー・ゴールドといった色味

もっとみる

TOOWN トーンのネックレスとブローチ。

「トーン」は、デザイン・ものづくりカンパニー「ツギ」からあたらしく生まれた、漆の特性を活かしたアクセサリーブランドです。以前よりお取り扱いさせていただいている、「Sur サー」とおなじく、福井県鯖江市でつくられています。(福井県鯖江市河和田という土地は、「越前漆器」の産地でもあるそうです。)

「漆(うるし)」という名前は、お椀やお箸などでよく見かけるかもしれませんね。漆は「ウルシノキ」などの木か

もっとみる

sneeuw スニュウ のグリッド刺繍ワイドプルオーバー

桜がすっかり緑にうつりかわって、これから初夏がおとずれるまでのほんの短い期間だけたのしむことができる、心地いい気候がここ数日つづいていますね。私たちのお店も、すっかり商品が春夏ものに入れかわって、やわらかくあたたかい日ざしの中、月に2日だけの営業日をすごしています。

さて、次回の営業日である4月26日(水)にむけて、「clean and humor」がコンセプトのファッションブランド「スニュウ」

もっとみる

PITECAN THROPUS ピテカントロプスのオーロラと石ころのワンピース。

1点1点ていねいに縫いつけられる手刺繍や淡い色あいが魅力の、ピテカントロプス。デザイナーの大橋さんのプライベートな経験や発見から生まれる、等身大なデザインからは、だれもが胸のうちにかかえている「あの頃」のことを思い出させてくれるような、なつかしいあたたかみを感じます。

「オーロラと石ころのワンピース」となづけられた今回のお洋服は、「オーロラ…特別な日」「石ころ…なんでもない日」という意味が込めら

もっとみる

Sur サー のサープラス・ネックレス

サーは、福井県のデザイン・ものづくりカンパニー「TSUGI」から発信される、眼鏡の端材にあらたな価値を見出したアクセサリー・ブランドです。眼鏡フレームの国内生産量を9割以上も(!)しめる福井県鯖江市から、「セルロース・アセテート」という眼鏡フレームに使われる素材をつかって、透明感あふれるアクセサリーを展開されています。

「TSUGI」は、全員が大阪出身のデザイナーや職人からなります。現在オフィス

もっとみる

osakentaro オサケンタロウの17年春夏コレクション

「オサケンタロウ」は、2014年、墨田区にアトリエをかまえてスタートしました。それからは定期的にアトリエ・ショップをオープンされることをはじめ、全国各地に出張アトリエに出られたり、未完成のお洋服をお客さまのリクエストに合わせて仕上げたり。

「その服を着る人」に寄り添えるよう、常識にとらわれず、自由でユニークな取り組みを続けられています。

押上駅からほど近い場所にあるosakentaroのアトリ

もっとみる

kick FLAG キックフラッグのhairy bag

kick FLAGからは前回のfringe bagからひきつづき、たくさんの毛がはえたような「hairy bag」が届きました。

グラフィカルで幾何学的なアイテムのイメージが強いキックフラッグですが、Of the Shopで見せてくれるクラフト感のあるものも、kick FLAGの魅力である「ハンドメイドらしさのないこと」とのバランスがすごくおもしろい。

こうして、あたらしい一面をためす場所とし

もっとみる