見出し画像

植物のある暮らしの伝道師、parkERsの「グリーンライフチーム」ってどんな人たち?

こんにちは。parkERsブランドコミュニケーション室、新卒入社1年目の矢崎です。

・・・とは言っても季節は春。もうすぐ2年目です。

外では桜が芽吹き始め、parkERsのオフィスではweekly flowerの「ラナンキュラス」が新しい季節の始まりを彩ります。

突然ですが皆さん、植物を育てたことはありますか?

parkERsの作った空間にはたくさんの植物が、のびのびと生えています。

▲もっと見てみたい方は画像をクリック

「こんなにたくさん、どうやって育てているの???」と思われる方も多いかもしれません。

そんな疑問にお答えし今回は、parkERsの手がけた「公園のような心地よい空間」の植物をメンテナンスしている“グリーンライフチーム”についてご紹介します。

「人も植物も育っていく空間」をデザインする

空間の完成をスタートに、お客さまが過ごす“時間”を作り出すのが“グリーンライフチーム”です。

▲parkERsのチーム編成は こちらの記事でおさらい!

実際に何をするかというと、施工した物件に訪れて植物をメンテナンスするのですが、実はparkERsのメンテナンスはとてもユニークなんです!

もし皆さんが「室内を植物でいっぱいにしたい!」と思ったとします。

「でも、自分で育てるには大変だし、枯れたら戻らないし・・・よしじゃあ、メンテナンスも一緒にやってくれる会社に頼もう!!」

そう考えたとき一般的なのは「植栽レンタル事業」を行なっている業者さんに頼むこと。

つまり、植物を定額のレンタルで貸し出してもらい、室内に置きます。たまに業者さんがやってきてメンテナンスをし、植物が弱ってきたら元気なものに交換してくれます。

そうすることで常に一定して美しい状態を保ってくれる、という仕組みです。

しかしparkERsはそうではなく、その場所で“育てるメンテナンス”を行ないます。空間を作った時点が完成ではなく、そこからが始まり。

植物を育てたことがある方は分かるかもしれません。春になって新芽がでてきたり、気づくと花が咲いていたり、(なんか前より大きくなってる!)と気づいたとき。なんだか愛着が沸きますよね。

わたしたちは、その場所で植物を育てていくことで、日々の変化や季節を感じてもらいたいのです。

そのために、そこにある植物を過ごす人にとってどんな存在にしたいか?と考えながら、大事に育てていきます。

▲とあるオフィスのエントランスに納品した高木(エバーフレッシュ)は、なんと3ヶ月で天井まで届くほどに成長しました!

育てるメンテナンスはどうやって行なっているの?

グリーンライフチームは、およそ2週間に1度ほど施工した空間に足を運びます。

そして水やり枯葉取り、剪定、葉拭き、病害虫の除去、植え替えなどの作業を行ないます。(ひとつひとつの作業をこだわりを持って行なっています。しかし残念ながら長くなりそうなので割愛します。第2弾をお待ちください!)

2018年度入社のメンバーは、研修でグリーンライフチームに入り植物のメンテナンスを学びました。それまで植物の世話はベランダのガーデニングくらいしか行なったことが無かった私。

実際に入ってみてびっくりしたことは、植物には人と同じように様々な性格があるということです。

光が好きなものもいれば、暗い場所が好きなものもいる。水を沢山あげないと枯れてしまうものもいれば、逆にあげすぎると弱ってしまうものも。環境の変化に強いものもいれば、なかなか定着しないものもいるのです。

ライフチームのメンバーは、そんな植物ひとつひとつの性格や周りの環境をみて、2週間に1度のメンテナンスで適切な水の量や剪定方法を判断し、育てていきます。

これはまさに、豊富な経験と専門性、そして植物への愛があってこそ成し遂げられる術です。

人・植物・地球に優しいメンテナンス

グリーンライフチームは「人・植物・地球に優しいメンテナンス」を心がけています。

例えば植物についた病害虫を駆除すると聞いたとき、どんなイメージを持ちますか?マスクや手袋を着用し農薬の入った刺激臭のする薬剤を散布・・・。考えただけで体に悪そうです。

植物に虫がついてしまうことは生きものである以上、仕方がないことではあります。しかしわたしたちが作りたいのは「公園のような心地よい空間」。それは、人も植物も安心して過ごせる場所です。

ですから病害虫対策も、基本は手作業です!水や霧吹きで洗いながす、タオルで丁寧に拭く、ブラシで葉をこまめに掃除をするなどなど。びっくりするかもしれませんが本当です。

▲殺菌のためにお湯を撒き、葉を1枚1枚タオルで丁寧に拭いている様子。

薬を使用する場合も100%植物由来のオリジナルのメンテナンスオイルを使っています。毎日近くにある植物だからこそ、安心して過ごせますよね。

そして実は、植物が植わっている土もオリジナルです。

▲その名も「parkERs soil」

土は地面にあるもの。しかしこの「parkERs soil」は違います。コーヒーの豆かすや、ココナッツの殻、ヤシの実の皮などの素材を使用し、新たに地球を掘削しないので、環境に負担をかけずとってもeco。

そのうえ水はけが良く、保水性もあり植物がよく育つため、地球にも植物にも優しいです。

そしてとにかく軽いです!わたし(20代女性)でも一度に4-5袋持ち運べるほどなので、女性スタッフが多いグリーンライフチームにとっても、優しい土なのです。

その先の、豊かな時間を届けたい

グリーンライフチームの活動は、植物のメンテナンスだけにとどまりません!

“植物のある暮らしの伝道師”として日々、いろんな観点から花や緑の魅力を伝える活動をしています。

▲植物を使ったワークショップを行なったり、

▲「TRY GREEN」として植物をアウトレット価格で販売し、植物との暮らしを始めるきっかけ作りを行なったり、

▲季節の花を空間に添えたり、(もとが花屋なので、切り花に詳しく、扱いにも慣れているスタッフが多く在籍しています。)

▲時には産地を見学をして、植物がどんなストーリーを持ち育ってきたのか学んだり。

「植物があり人がいる、心地よい空間をつくるためには何が出来るだろう?」常にそう考えては実行し、どんな努力も手間も惜しまない。

グリーンライフチームは、植物を通してお客さまが過ごす“時間”を作り出す、情熱溢れるアツいチームなのです。

おわりに

それぞれがユニークに、植物への愛を持って日々活動しているグリーンライフチームのメンバーの魅力は語り尽くせません。

ぜひ、見かけたら気軽に声をかけてみてください。皆さんのご自宅の植物の相談にも的確に応えてくれますよ!

次回のnoteは、そんなグリーンライフチームより“parkERsのプランツハンター”こと遠藤による執筆です。珍しい植物を求めてフィリピンにまで飛ぶ、というマニアっぷり。自宅に構えた温室で、休日も朝から晩までせっせと植物を植え替えているそうな・・。

そんな彼の植物育成にかける想いは並大抵のものではありません。どんなマニアックな記事になるのでしょうか・・!?どうぞお楽しみに!

いつもありがとうございます🌹
8

parkERs official note

「青山フラワーマーケット」から派生した空間デザインブランド「parkERs(パーカーズ)」公式note。自然の少ない都市に花と緑のある「公園のように心地よい空間」をご提案してるチームの日々の奮闘や考えをお届けします。 HP : https://www.park-ers.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。