第103号『マリオはなぜ左から右へ進むのか?』

現在、漫画の制作を進めています。(*サイバーコネクトツーはゲーム開発会社ですが現在はゲームソフト&漫画制作の両輪でIPを成長させていく世界戦略を取っているのです)

で、ネームをチェックしていてどうにも違和感があって。

試しに“うん、侵略してくる帝国側は右から左に攻め込んで来ているこの流れでいいからさ、主人公たちは追われて逃げて右から左に進んでる、ここもオッケー、で、強大な力である戦車を手に入れてからも右から左に進んでるよね?ここを逆にしよう。それぞれのコマを左右反転させる形でいいから左から右に進むように変更してみて”って伝えて実際に直してみたらしっくりきました。

“あー、やっぱりそうか。違和感はここだったね。よし、これで進めよう”

と、まあ、こんなことがあったわけです。

これはよく演劇や舞台などで言うところの【上手と下手】という考え方に基づいた演出の話です。

客席側から見て

右側が上手。

左側が下手。

そして概念としては

上手=優位・順調

下手=逆境・逆転

ということになります。

物語は右から左に進むのです。

ましてや、漫画は基本日本語で書かれていますし右からめくるのでどうしても右から左に時間が進むことになります。

これを利用した演出を今回は行ったというわけですね。

私は昔から漫画を読んでいて“なんでこんなにも心地よくて面白いんだろう?”と考えた時に気付きました。

“あ、物語は右から左に進むんだ!”ってことに。

例えば『スラムダンク』で。

試合が湘北にとって順調に進んでいる時には右から左に走って飛んでシュートしてゴールを決めています。

一方、劣勢時に三井のスリーポイントで突然の逆転を図る時には左から右にシュートしています。

山王戦の最後の流川から花道へのパスは右から左に渡されてそのまま“左手はそえるだけシュート”を決めています。(1点差を最後に逆転するシュートではありましたが読者的にもここはもう“そうあって欲しい”と願いが込められたある意味“約束された勝利”としての気持ちよさを演出するための右から左だったと解釈しました)

これは『スラムダンク』に限らず、『ドラゴンボール』でも『NARUTO-ナルト-』でも『ONE PIECE』でも、みんなが夢中になって読んで気持ちいい作品に当てはまる演出でした。(ルフィが格上のカタクリに辛勝するシーンは左から右でした)

全ての作家さんが“それ”を意識して描かれていたのかまではわかりませんが、私は漫画を分析していてその“気持ちよさの法則”に気付きました。

では、表題にある『マリオ』はなぜ左から右へスクロールするのか?

この続きをみるには

この続き:558文字
記事を購入する

数量限定で販売中

残り20/ 30

第103号『マリオはなぜ左から右へ進むのか?』

松山 洋 サイバーコネクトツー

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

私もそんなあなたが大好きです!ありがとうございます。
30

週刊少年松山洋

家庭用ゲームソフト開発を行うゲーム会社・株式会社サイバーコネクトツー代表取締役・松山洋の継続課金マガジン。購読いただくとその月の記事は全て見れますが、前月までの記事は個別に購入いただく必要があります。なので早めに購読いただいた方が良いと思います。転載は禁止ですが記事のリンク...
2つのマガジンに含まれています

コメント2件

面白さの法則があるから面白くて、中には敢えてその法則を崩して描くなんてこともあるんでしょうね。

いつも松山洋の兄さんに色んなお勉強させてもらってためになります。それに負けずに気づく力をね、身につけたいです。
学生のときに漫画を読んでいて、うっすらと『このキャラ、いつも右から技出して左向いてるよなぁ…何でなんだろう?』と思ったことを思い出しました。そこで忘れて(忘れることを『右から左に』と言いますよね)しまうか、分析し続けるかが、プロの視点とアマチュアを分けるんだな、と気がつきました。

ありがとうございます(*^_^*)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。