見出し画像

【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のFrançois 1er広場

Place François 1er(フランソワ1世広場)は、その昔、この場所に、フランス王フランソワ1世の館があったことにより由来されたそうです。
通りは、1823年7月23日計画されたものとであると言われています。

(参考資料:ウィキペディア フランス語ページ Place François 1er の項より)

▶︎通りの場所はこちら

1910年頃の Place François 1er(フランソワ1世広場)の写真。

写真は、現在の Place François 1er(フランソワ1世広場)の1枚。

1910年の写真を比較すると、中央の建物がそのまましっかり、現存しており、写真では見切れておりますが、左側の建物もそのままの形なので、当時と比較しやすい広場でした。
(写真:2019年6月現在)

通りの主な見どころ&記憶

9番地
建築家 Henri Labrousteにより、1865年に建設された邸宅【Hôtel Vilgruy】で、フランスの歴史的建造物に指定されているそうです。

また、広場中央には、1865年、Gabriel Davioudデザイン、François-Théophile Murguet彫刻製作された噴水があります。

(関連資料:ウィキペディアフランス語ページ Place François 1er の項より)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

【スキ!】ありがとうございます。

point2vue410(ポワン・ドゥ・ヴュ・視点)/パリ

在仏15年。リヨン経て、現在パリ在住。写真&執筆活動。地球の歩き方パリ2特派員。Instagram仏、伊、英、西で多数ベストフォト受賞歴あり。[Instagram] http://bit.ly/2NpY44o / [FaceBook] http://bit.ly/2NqJ8D4

写真で比較するパリ今昔物語

こちらは、自分の活動の1つである写真を生かしたパリの今・昔を写真でタイムスリップするページです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。