道の道とすべきは、常の道に非ず。

茶道、華道、柔道、剣道の「道」。ロードの「道」果てしない距離的な「道」ではありません。

これ実は老子の言葉の「道」から来ているんです。

有限のものを表現するようにできている人間は無限の道をとらえることはできない。

言葉では表現できない絶対的な境地や深遠で無垢なものを「道」という言葉にあてはめた。

実は日本人は中国の思想家の老子や莊子の影響をものすごく受けたアジアでも稀な存在なのです。

もっとみる

無税国家論

自分には自分に与えられた道がある。天与の尊い道がある。どんな道かは知らないが、他の人には歩めない。自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかけがえのないこの道。広い時もある。せまい時もある。のぼりもあればくだりもある。坦々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

      「道をひらく」松下幸之助著(PHP研究所)

松下氏の文章は簡潔で読みやすい。音読してもスラスラ読める。

時代が変わ

もっとみる

美 女 道  Lesson1 〜 なぜ美女をめざすのか 〜

美 女 道 とは
華として生きるためには美しくありたい
美の星を持つことから、からだやこころに
まつわる美しさにスポットをあて色々な
体験を通して美女とはなにか、どうすれば
美女に近づけるのかを探求していきたいと
思います♡

小さい頃から写真が嫌いで人前に
でるなんてもってのほか
そんなわたしが今なぜ顔出しして
こんなことを語っているのか・・・
それについてはこちら

そういえば小さい頃からじぶ

もっとみる
スキだなんて 照れちゃう♡(わらい)
7

2019.10.14 エッセイ日記 *私を見つめて。

車で実家に向かう。くもり空から青い空が見え出した。ラジオからのMCで、そうだ今日は月曜日だったとあらためて思う。車のフロントガラス越しに真っ直ぐな道が続く。その先の空が雨雲に覆われている。実家に行く途中、雨かも、そう思いアクセルを踏む。
あいみょんの曲が流れた。
坂道でスピードがでないトラックを右から追い越し、突き進む。
信号が赤になり、子供の頃に見馴れた風景が現れた。今も残っている店、すっかり

もっとみる

片言隻句 09 ~素直に内観~

老者にはこれを安んじ、朋友にはこれを信じ、少者はこれを懐けん

→現代語訳
老人には安心されるように、友だちには信ぜられるように、
若者には慕われるように

当たり前に内包される思想的深さの絶対性

 この論語の言葉は、顔淵と季路が孔子に「どうか先生の御志望をお聞かせください」とお願いした際の返答である。自分の信念を守るだのの言葉を並べるのではなく、自分の数多ある道の徳目を自分が向かい続けられてい

もっとみる

台風一過、僕らはまっさらな道を走る

眼を擦りながらリモコンに手を伸ばすと凄惨な光景が広がっていた。家は水面からちょこんと顔を出すだけで屋根の上には80歳ぐらいのおばあちゃんがヨボヨボでおろおろとした手つきでヘリコプターに向かって手を降っていた。

当然だけど、それだけではなくチャンネルを変えれば変えるだけ助けを求める人々が画面上に映し出された。僕が昨日まで抱いていたであろう、あれ?意外と大丈夫じゃん。みたいな甘すぎる考えは簡単に崩れ

もっとみる
ありがとうございまーーす!!!!
18

ポエムFile.1「*」

アスタリスクの

ような光を探して

暗闇の林の中を

懐中電灯片手に

一匹の狸に導かれ

ながら時折鹿の鳴き声

あれは悲鳴じゃないよ

時折熊の唸り声

熊さんもお腹

空いてるんだね

果てしなきこの道よ

様々な命の道が時折

交差しながら光に

向かう旅路の途中で

スキどうも_(..)_
1

積み上げた人生を振り返って、僕はまた生き返る。

他人から見たら
ましてやnoteをやっていない人から見たら

noteの事を”人生”と謳っている僕は変であるし、笑われても仕方ない生き物だと思う。でも、何度も同じことを言うようだけど僕にとっては人生なんだ。

noteをやっていることは友達にも親にも言えていない。
まあいう必要はない。そう、思っているし言ってしまえば僕はきっと傷ついてしまうだろう。目に見えてわかる。

だから、言わない。



もっとみる
ありがとうございまーーす!!!!
24