【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のFrançois 1er広場

Place François 1er(フランソワ1世広場)は、その昔、この場所に、フランス王フランソワ1世の館があったことにより由来されたそうです。
通りは、1823年7月23日計画されたものとであると言われています。

(参考資料:ウィキペディア フランス語ページ Place François 1er の項より)

▶︎通りの場所はこちら

1910年頃の Place François 1er(

もっとみる

【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のBayard通り

Rue Bayard(バイヤール通り)は、Pierre Terrail de Bayard(1476 - 1524)というイタリア戦争の英雄ともいうべき人物の名前を冠した通りで、パリ8区に位置し、高級ブティックなど軒を連ねる Avenue Montaigne(モンテーニュ通り)とぶつかります。
1823年7月23日に、通り計画の法令が制定され、完成したと言います。

(参考資料:ウィキペディアフラ

もっとみる

【パリ8区】 シャンゼリゼ大通り裏のJean Goujon通り

Jean Goujon(ジャン・グジョン)とは、1510年から1567年頃に生きたルネッサンス期を代表する彫刻家で、この通りの名前に付けられています。
通りは、1823年7月23日計画されたものとであると言われています。

(参考資料:ウィキペディアフランス語ページ Rue Jean-Goujonの項より)

▶︎ 通りの場所は こちら

1900年頃の Rue Jean Goujon(ジャン・グ

もっとみる
もしよろしかったら、フォローもしていただけるとうれしいです。
3

理不尽な上司を許すところまではなんとかわかるが、どうして感謝までしなければならないのか? ③ - 心の中の恐れが、理不尽な上司を創造していたことに気づくと、引き寄せは新たなステージに向かう。

大好評、理不尽な上司シリーズです。笑

まだお読みでない方は、ぜひ①と②を読んで、答えを予想してみてから続きを読んでみてくださいね。

🔗理不尽な上司を許すところまではなんとかわかるが、どうして感謝までしなければならないのか? ① & 5月のリトリートレポート 教会編

🔗理不尽な上司を許すところまではなんとかわかるが、どうして感謝までしなければならないのか? ② - 悔しい状況にとどまり、そ

もっとみる
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
47

ミモザの香りの人

朝の通勤電車の車内で、
ふと感じた香水の良い香り。

ミモザを基調とした淡い甘さに
アクセントとなるアーモンドの花々。
降り注ぐ蜂蜜やシャンパンの金色の祝福と
微かに香る洋酒漬けのドライフルーツや
バニラの甘味。

一瞬で、満員電車の中から
キラキラとした春の陽光の中に
連れ出してくれるこの香りは、
間違いなくゲランのシャンゼリゼ。

穏やかで落ち着いているのに
若々しい華やぎもある香調は
若いお

もっとみる

2025年大阪で万博開催決定

2025年大阪で万博開催決定。先月パリに現地調査で赴いた際、図らずもシャンゼリゼ通りで大阪万博の宣伝バスと遭遇。キティも協力して地道に広告していたのですね。1970年8月生の私は、お腹の中で1970年大阪万博に入場。

スキありがとうございます。フォローもよろしくお願いします!
6
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
62

目指せシャンゼリゼ通り( ≧∀≦)ノ

今日は虎ノ門で仕事をして、そこから歩いて職場へGO!!!

新虎通りを歩いていき、風景を見てみると、
大分、昔と変わったな~と思いました♪♪

昔はずっと工事してたので、殺風景でした☆
今は、東京五輪に向けて、シャンゼリゼ通りのようにするみたい♪

すごいキレイですよね♪

素敵な街並みになることを期待しています(*^^)v

もっとみる
スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
32

冬のパリの凱旋門。イルミネーションでドレスアップして、寒空のパリを彩ります。この冬はシャンゼリゼ通りのクリスマスマーケットは開催されませんでしたが、それでもいつものように多くの観光客で賑わっています。

スキを押してくださってありがとう。とっても励みになります。❤️
11