収集

5
ノート

差別する側の女もいる

女は社会で理不尽な思いをしている、と聞くと、私は大抵「いや男の人にだって、女が知り得ない理不尽な思いをしていることだってあるはずだ」と思う。

結局おあいこだと思っているのだ。私は。
基本的に、この世界には2種類の人間が生きていると考えている。

それは「支配する側と、支配される側の人間」だ。
支配する側と支配される側には、男女差は存在せず、国籍も人種もないと考える。

つまり支配する側には女もい

もっとみる

9極の世界

2つの対立構図がある世界を「2の世界」とすれば、2つが統一された世界は3である。

三位一体の世界であって、調和の形でもある。

この3の世界は、神の世界にも、精神の世界にも、物質の世界にもあって、それぞれの三位一体が完全に再現された世界は、3が3つで9になる。

9は究極を表す数字であって、それは人間が目指せる究極の境地かもしれない。

ところで9と言うと、私は憲法9条を思い出してしまう。内容は

もっとみる

ヒトが生命のコードを書ける時代

EconomistのSynthetic Biologyに関する特集の雑感。

神様が書いた生命のコードを眺めながらちょこちょこ改変し、その結果を試していた時代はもう終わり、人間が一から生命のコードを書けるようになる。土台になっているのは計算機械の処理能力とアルゴリズムの進歩だ。ディープラーニングはここでも活躍している。

バイオテクノロジーの関連産業はとても広い。医療や美容は当然として、素材(昆虫

もっとみる

上野千鶴子さんの祝辞が響かなかった

Web上で色んな人がシェアしていたので、上野千鶴子さんが東大入学式で述べた祝辞を読んでみました。多くの人は素晴らしい!と賛辞を送っていましたが、個人的には読んでみてもあまりピンと来ませんでした。

Diversity(多様性)とInclusion(包摂)

21世紀において、SDGsの取組みが重視されるようになってきており、その本質がDiversityとInclusionであることには疑いの余地は

もっとみる

僕の正義を捨てる-公正世界仮説-

僕はモラルを守らないやつが嫌いだ

モラルが低い人が嫌いなのではなく
自身の正義を信じるモラルの高い人が
その正義感に矛盾してルールを破る時が一番嫌だ

人のモラルの低さを批判してたくせにお前は最悪のモラルハザードを起こすのか

とある人(割と正義感高め)がルール違反をした時、1度は見逃した
まだ若いんだししゃーないかな…と思ったから
2度目が発覚した時はその人の上長に報告し、報告したことも

もっとみる