シスター2

映画「死霊館のシスター」で考えた、恐怖の描き方

正直、ホラー映画は苦手です。


ですが、ストーリー性がしっかりあって怖さと共にミステリー要素があるホラー映画は大好きです。

私のようにホラーが苦手な人でも物語として面白さを感じられる映画シリーズの最新作を観てきました。


【死霊館のシスター】(2018)


2013年に実際に起きた悪魔払いの事件を題材にし実写化し大ヒットした「死霊館」シリーズの最新作。

シリーズの作品の中にでてくる怪しいシスターの正体に迫った今作。

そう、これです。きゃー!

死霊館シリーズ、一応今までの作品全て観たことがありまして。

いろんな憑依だったり、ポルターガイストだったり、アナベル人形だったり…どれも怖かったですが、やはり作品の中でも格が違う怖さを持っているのが、このシスター。

シスターって、神に使える聖女で、純白で清らかな印象があるからこそ

この真逆の恐ろしくおぞましい不気味な姿のシスターがより怖く思える。



そんな恐ろしいシスターの誕生秘話や呪いなどを、とある呪われた修道院を舞台に描いている今作。

主演には、「記憶探偵と鍵のかかった少女」のタイッサ・ファーミガを迎え、「死霊館」シリーズ製作ジェームズ・ワン×「イット・それが見えたら終わり」のゲイリー・ドーベルマン脚本の戦慄ホラー。

1952年ルーマニアの修道院で一人のシスターが自ら命を絶った事件が起こる。そこで、神父と見習いのシスターが現地へ派遣され事件の謎に迫るが次々に不可解な恐怖に襲われ…

私的に死霊館シリーズで一番怖かったなあ…と感じました。

そもそもデフォでシスターが怖いので、怖くないわけないんですけど。



映画のキャッチコピー的なもので 
『祈っても無駄』 とありました。


その通りです。


いくら祈っても、いくら神に誓っても、十字架持っていても無駄。

一切、関係ない。救いがまったく無い。映画後半までずーっと絶望的。

それほど強く恐ろしい怨念をもった悪魔、というのが痛いぐらい伝わります。

シンプルに祈っても神は味方してくれない。ある程度自分の頭を使いなさい、的な教えをこの映画からいただきました。

神も運も結局自分次第ってことです。アーメン。


ホラー苦手な私でも、怖いながらに楽しめた作品でしたが

この映画のみならず最近のホラーって、CG感押し出しすぎだと思いません?


出るまでは、映像も音楽もすごく雰囲気があってメチャクチャに怖いんですけど、
いざワーッ!!って出てきた恐怖の対象(おばけや悪魔)があまりにも現実味がなさすぎる、というか。

地球外生物、みたいな。エイアリアンとかモンスター的な感じ。

変に気持ち悪すぎて、あまり怖くないし、

少しガッカリする。



これは日本人特有の感覚なのだろうか?

顔がぐちゃぐちゃ〜!とか

歯がめっちゃ鋭くてありえないぐらい生えてる〜!とか

何かのキャラクターのように感じてしまう。

逆に、シンプルに顔色悪いです!とか

猫背で髪が長くてあまり顔見えない!とかの方が

現実味があって、怖さを感じます。


イットとかもそうでしたが、ペニーワイズが出てくるまでがメチャクチャに怖いんですけど、出てきちゃったら「すごーい!こわーい!」って感覚で

ギャグっぽい怖さなんですよね。


これが最近のホラー映画では多いような感じがして。

怖いと感じるポイントは人それぞれですが、私個人的には恐怖の対象をハッキリ映した時の姿がもう少しCG感とかモンスター感がなければいいのにな、なんて思ってしまいました。


ですが、観ている時はそんな文句を言えないぐらいの恐怖が詰まりに詰まっている作品なので、十分に楽しめると思いますよ。

ほら、後ろにいるこの感じ。とてーも怖い。





そして今作をわざわざ映画館で観たい!と思ったのがキャスト目当てでもありました。

シスター・アイリーンを演じた主演の

タイッサ・ファーミガ

かんわいい

以前、違うブログでも紹介したことのある大好きな映画「記憶探偵と鍵のかかった少女」(マーク・ストロング主演)でこの子に一目惚れしてしまいまして。

(※「記憶探偵と鍵のかかった少女」の1シーン)

もう、えんらい可愛い。タイプ。拝。祈。


実は、彼女。お姉さんがいて、そのお姉さんも女優なのですが…

なんとこの「死霊館」シリーズに出演しているヴェラ・ファーミガなのです。

というわけで実質、共演ですね。素晴らしい。姉妹揃って悪魔払い。

そんな姉妹共演ということでも話題だったりする今作。

怖いだけが魅力ではなく、修道院で繰り広げられる様々な恐怖との戦いもかなり見ものなので、迫力をより感じたい方は是非映画館へ。

一人じゃ観られない!でも観たい!という方は誰かを連行して、映画館に行くことをお勧めします。


観た後はどっと疲れがくるので、お気をつけて。私は怖さを紛らわすために帰り道インド音楽を聴きました。

そんなわけで「死霊館のシスター」ご紹介でした。


ではまた

#映画
#えいが
#movie
#cinema
#シネマ
#note映画部
#映画紹介
#おすすめ
#劇場
#ホラー
#スリラー
#死霊館
#thenun
#タイッサファーミガ
#女優
#ハリウッド
#悪魔
#シスター
#ブログ
#blog




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

シマザキリノ(ライター/俳優)

22歳、映画オタク。《ライター・タレント・俳優》映画「咲-Saki-阿知賀編」船久保浩子役・静岡明日テレビ「コピンクス2020〜港と僕とトリロジー〜」物語構成・「リクナビNEXT 転職のそばに」HP出演 ※ご依頼はこちらmanagement@lil.tokyo

コメント4件

りのちゃんこんばんは。ホラー映画は大の苦手でして、映画館なんて絶対観れません。顔を伏せてしまうタイプです。あ、昨日映画観に行きました。土屋太鳳さん芳根京子さん主演のかさね。対象的な二人が口紅をつけてキスをすると12時間身体が入れ替わってしまう。最後は本当に人って怖いなって思う。作品。土屋太鳳さんの作品は好きでよく観るんですが、大人っぽい役から女子高生の役まで。今年は八年越しの花嫁を映画館で観て号泣してしまいました。ではまた。

たそがれ晴兵衛でした。
かつてはいっぱい観たけどそれほど好きなジャンルじゃない、ホラー映画。
だって全然怖くないんだもの 笑
たま同様バケモノや幽霊の実体が出てきた瞬間に興ざめするものがほとんど。
内在的不安感を増幅するような作品や、幻想的な雰囲気を楽しませてくれる作品は好み。映像が美しいことは絶対条件。「エクソシスト」や「オーメン」、ゴシックホラーの「スリーピー・ホロウ」や「クリムゾン・ピーク」あたりは好きだな。

そんなオレが一人で観たくないただ一つの映画は「リング」。
貞子は怖くないよ、呪いのビデオは怖い。怨念の恐ろしさの映像表現としてはこれ以上のものを知らない。
最近の作品でそこそこ怖いと思ったのはデヴィッド・ロバート・ミッチェルの「イット・フォローズ」。「リング」と「IT」足して2で割ったような感じのストーリーで、都市郊外の打ち捨てられた雰囲気の描き方が良かった。はっきりとした実体が無く最後まで正体不明なところも不安感を煽る。
彼の最新作「アンダー・ザ・シルバーレイク」はデヴィッド・リンチを彷彿とさせるようなサスペンス。ヒッチコック的でもある。おそらくたまの好みだよ。
「死霊館のシスター」は「エクソシスト」的なのかな。たまの評読んで興味わいたから観てみるね。
そして
”シンプルに祈っても神は味方してくれない。ある程度自分の頭を使いなさい、的な教えをこの映画からいただきました。”
ここすごくウケた。冴えてる!さすが文章を生業にしただけのことはあるね。
おはようございます。
ホラー映画ですか。私は好きです。
死霊館シリーズもいくつか観ましたが、正直怖くもなく、面白くもありませんでした。
しかし今回のはストーリー性があるとのことなので面白そうですね。
私はホラー映画に怖さを期待して観るのですが、正直怖いと思ったものに出会っていません。(まぁ一人で夜のお墓とか行っても平気な人間なので・・・)
でも好きなものはあります。
ある意味コミカルなチャイルド・プレイとトゲトゲのヘル・レイザー。
メタル好きはヘル・レイザーが好きなのです(笑
ただどうしても観てみたいホラー映画があります。
タイトルも年代も忘れましたが、世界一怖いホラー映画とのことで、上映後にあまりの怖さにすぐに上映が中止された作品らしく、DVDなどにもなっていないのだそうです。
前に有村昆さんだったか?その映画を特殊なルートから入手し観たそうですが、一番怖いとTVで言っていたのが記憶に残っています。

「イット」に関しては私も同感です。
「ランゴリアーズ」の後編観てなかったのを思い出してしまったので、この辺で。

莉乃ちゃん、今日も良い一日を!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。